Googleイチオシ記事


金曜の英語は死亡。
水曜日から3日連続4科目が立て続けにテストされます。
誰かっぽく、過去を振り返ってみる。
「もし自分が学院に入学することができたら、大学では理工学部の機械工学科に入って、ロボットの研究をしたいです。」
小学生の時に入っていた市の工作教室でしょっぼいロボット作ってなんかよくわからん賞とって調子乗ったから。
昔は生体だったんですね~。
自分では推薦で受かった!!と思った第一志望の高校に落ち、、、
一般で何とか入る。。。
合格発表の日。
「あんた理工学部行けなかったら学院入った意味ないわよ」
って親に言われました。
でも入ったら入ったでバスケばっかり。
一時期、危ないときもあったが、そんなり理工学部へ。
高校の同じクラスから機械科には5人行きました。
O田 (メカトロに来ない)
K原 (見ない)
H野 (実習に来なかった)
M木 (見ない)
恐らく皆死んだ。。。
俺  (英語取れてない。材力取れてない)
恐らく死ん・・・・
チョマ!!!!!(ちょっと待った!)
ここまで割と順調に来たかもしれない。
今の自分はけっこう危機状態なんでしょうか??
分かっているようでよく分かりません。。。
でも自分が死んだら、H組みは全滅です。
大学からの仲間には勉強教えてもらったり(勉強以外も)、色々協力してもらってる!!
なんかここで死んだら悲しいね・・・・苦笑
皆!!留年しても仲良くしてね!!笑
なんかいいこと・・・ではなくて
なんとかなりますよーに!!
~ダメ男が機械科を生き抜くための合言葉~




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事