HONDA

HondaがMOTO2エンジン供給終了。次はTriumphに決定。



世界的にはCESでHondaがリリースした倒れないバイクに興奮しているわけですが、
少し残念かもしれないニュースも届いています。

なんとレーシングスピリット前回のHondaがMOTO2のエンジン供給を2018年で終了し、
2019年からはTriumphが提供することになったということです。

Triumphが提供するのは675ccの3気筒エンジンということで、
これはTriumphの量産モデルであるDaytona675のエンジンを活用すると見られます。

排気量と気筒数が変わり、出力特性が変わるのはもちろんのこと、
サーキットでファンを楽しませるエンジン音がどのように変わるのかが少し楽しみです。

これまでのHonda CBR600RRのエンジンはきれいな高音の排気・エンジン音を轟かせていましたから、
3気筒だと若干低くなりより勇ましくなるのか、
Triumph独特の独特のドロドロとした味のある音になると良いですね。

さて、この件に関してはHondaとTriumph、はたまたドルナに対して様々な
賛否両論の意見があると思いますが、
ここはひとつ、レースファンとして暖かく見守りたいと思っています。


関連記事

  1. 奇跡! ヤマハがホンダから50cc宅配バイクをOEM調達で提携!…
  2. MOTOGP 2015 王者 ホルヘ・ ロレンソ 5つの豪快エピ…
  3. ダカールラリー2015:Stage10&11&12
  4. YAMAHA MOTOBOT が更に進化してるようです。
  5. ダカールラリー 2015 :休息日♪
  6. マン島TT ライダー がロンドンを走る。
  7. マルケス オフロード 三昧 の オフシーズン!
  8. Honda NEW GOLD WINGのフロント・サスペンション…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP