HONDA

HONDA 新型 GOLDWING GL1800(ゴールドウイング)の大胆な変化点がこれだ!


最大の変化はフロントサス!

以前からモデルチェンジが噂されていたHonda(ホンダ)のフラッグシップモデル
Honda GOLD WING。

最大の変化点はフロントサスペンションになりそうだという
情報はこれまでも届いておりました。

Honda NEW GOLD WINGのフロント・サスペンションがすごいことに。。。

やはりフロントテレレバー、デュオリンク化が濃厚と思われる
パテント図まで今回届きました。

こちらです。

gold_front_1

goldwing-front-end-2

ここまで明確なサスペンション変更のパテントが出るとは、
モデルチェンジでの採用は間違いないですね。

構造的には以前の予想図よりもずいぶんシンプルになっています。

ダブルウィッシュボーンと呼ぶのがふさわしいでしょうか。

2017年の最新情報!

2017年になってからも続々とパテント図が出ているそうです。

少しずつ構造や図面が変わっていますが、
基本的には以前からリリースされているモノと大きくは変わりません。

以前のレイアウトに比べると水平対向6気筒エンジンを抱えると思われる位置が、
随分低く、そして前後長が長くなっていることが分かります。

もしかするとこれはより低重心化を狙った新エンジン新レイアウトの採用である可能性も
十分に考えられます。

これはどんどん楽しみになってきますね。

変化点はフロントサスだけではなさそう!

2017年最新情報の中には、フロントサス系の変化点だけではなく、
フロントスクリーンにも新機構が加えられるのでは?
という情報も含まれていました。

普通の電動のスクリーンにも見えますが、
パテントを提出するのですから何か特別な新機構や技術の適用があるのかもしれません。

こちらに関してもかなり期待できます。

現行モデルの痛い課題。

特別な不具合もなく、
しっかり作り込まれているように見えるGL1800 GOLDWING(ゴールドウイング)ですが、
実は現行モデルに手痛い問題点が存在するのです。

それはタカタ製エアバッグ搭載グレード。

タカタエアバッグ問題 ホンダ ゴールドウイングにまで拡大。(記事はこちら)

ホンダの4輪車で大きな問題とリコールを発生させたタカタのエアバッグが、
現行GL1800 GOLDWING(ゴールドウイング)にも搭載されています。

これについては、もちろんGL1800 GOLDWING(ゴールドウイング)でも
リコールの対象となっているようで、対応は困難であるのではないかと想像されます。

GL1800 GOLDWING(ゴールドウイング)にエアバッグが搭載され、
その車両を買ったアメリカのお客さんが早速交差点での4輪との事故で、
事故の規模の割に軽傷で済んだ、とう話を聞いたことがありますし、
正しく動作すれば素晴らしい仕組みだと思うのですが。

この件に関してもしっかりとした改善に期待ですね。

世界中で注目度大のGOLDWING(ゴールドウイング)!

中国ではデザインパクリモデルが横行しながらも、
警察車両に採用されているHONDA GOLD WING。

デザインぱくりから一転! Honda Gold Wingが中国で大活躍してる!!

中国企業にパクられてしまったHonda GOLD WING。。。

新型 GOLD WINGも中国だけではなく、是非とも世界中で活躍し、
根強いファンが生まれると良いですね。

ソース


関連記事

  1. ダイソン の扇風機 バイク をご存知ですか??
  2. CB250X ?? HONDAから来る250ccアドべンチャーは…
  3. SUZUKI V-Strom 250 ABS 正式公開!
  4. KAWASAKI H2 3Dプリンターでカスタムするとこーなる。…
  5. 衝撃! KAWASAKI H2R で最高速 時速391km!
  6. 2016年明けましておめでとうございます。いきなりですが、201…
  7. BMW G310R 正式公開!!
  8. カワサキの電動バイクのパワーユニットパテント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

  1. lonely planet

PAGE TOP