SUZUKI

SUZUKI ターボバイク「リカージョン」の開発を継続中か!?



過給機付の最新バイクと言えば、
KAWASAKI H2/H2Rが世界を賑わせています。

ただKAWASAKIがH2/H2Rを開発し、世にリリースしたのと同じ時期くらいに、
SUZUKIもターボバイクの構想を世に発信していました。

それはリカージョンというSUZUKIのターボ専用機種でミドルクラスのモデルであったり、
はたまたGSX-R1000にターボ仕様が追加になるのでは、
という見方もありました。

SUZUKI スズキ GSX-Rにターボモデル追加か!?

そして、今現在まだ世の中にモデルはリリースされていなわけですね。

開発費は相当にかかってくるでしょうし、
やはり世の中にターボモデルをリリースするのは難しいのでしょうか。。。

なんて考えていると、面白い情報が入って来ました。

2013年東京モーターショーでコンセプトモデルとして発表したリカージョンが、
やはり開発継続中とのことです。

その証拠として、アメリカでのパテント提出があったようです。

588cc二気筒のターボチャージャーエンジンで、
エンジンを剛性部材として活用しながら、パイプで組まれたトラスフレームをまとっています。

新しいフレーム、エンジンの潤滑システム、
バランサーの置き方、排熱システム、インタークーラー、さまざまな補機が明確に
描かれた図面になっていますし、それらが技術要素としてパテント提出されたということでしょう。

またこの新しいエンジンの型式はXE7ということで、
これも2013年の東京モーターショーで公開されていた型式と同じですね。

開発がなかなか難しいとはいえ、2013年のコンセプトモデルを、
2018もしくは19年モデルでリリースするのは少し時間がかかりすぎている気がしますね。

ここまで引っ張ってやはり製品として出すのか出さないのか、
SUZUKIの地力が非常に気になるところです。


GSX-S KATANA伝説 (DVD付き)


関連記事

  1. DUCATI 4気筒エンジン の アルミフレーム スーパースポー…
  2. 空飛ぶバイク Kitty Hawk がすごい!
  3. BMW S1000XR 進化しているABS性能映像が公開!
  4. とあるバイクメーカーが四輪メーカーに吸収されるとこんなバイク作っ…
  5. KAWASAKI Versys-X 300 本格派アドベンチャー…
  6. Honda CRF250 RALLY コンセプトから量産か!?
  7. BMW G310GS 最終テスト車両をスパイショット!
  8. DUCATI 電動バイク のコンセプトは冬用?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP