Googleイチオシ記事


「TV・ラジオCMやってるし、他の業者よくわかんないから手っ取り早くバイク王でいいか?」
依頼するとしたらそんな感じでしょうか?

しかしバイクを買い取りに出すなら、
「安心して、納得のいく金額で、できるだけ高額をつけてほしい」
というのはどなたも絶対外したくないところだと思います。

そう考えた上で、バイク王って本当に大丈夫なんでしょうか?

今回はバイク王の良し悪しを、元バイク買取店店員の筆者がお話ししていきます。

バイク買い取とネット上の雰囲気

ネット上、バイク買い取りについて気になるのは、数多くの批評コメント。

そういうのを見てしまうと買い取りを依頼しようという気持ちもかなりグラつきますよね。

正直、バイク王についても結構なことが言われています。

目立つものをまとめると…。

「提示金額で納得するまで居座られた」

「一括査定サイトに申し込んだら、全部の業者がバイク王系列の会社だった」

「ネットに表示している予想相場があてにならない」

「思い通りの金額にならない」

いろいろ見ていてだいたいそういうところでしょう。

居座る業者も今は昔

確かにむかし、
「車検証握らせたら最後、オラオラ系で攻められて、こっちがNoと言ったら夜になっても帰らない。」
そいう悪名轟く会社も本当にあったのは知っています。

ただ、少なくともバイク王がそういう手荒な対応をしたというのは、聞いたことがありません。

筆者は普通の客としてバイク王に他社調査を兼ねてバイクを買い取ってもらっていますが、
バイク王でそういう手荒な査定は一度もなく、毎回いたって普通の買取りでした。

なので、「バイク王に居座られた」と聞いたとき、
「ikさんでそんなことあるの?」と業界を知っている者として率直な驚きがありました。

※「ikとはバイク王の運営会社の旧社名、我々はいつもikさんと呼んでいました。」

ただ、買い取りの現場は、本質的に高額取引の交渉の現場となります。

なので、時として攻防戦が繰り広げられることもしばしばです。

「どうしてその値段なのか」を説明したり、
「お客様のご提示額にどれだけ寄れるか」をその場で本社と交渉したりするので、
ある程度の時間はかかることはご承知いただきたいところです。

なので、その時間の長さを「居座った」と誇張している可能性もあると思います。

業者同士のネガティブ合戦も聞かない話ではないですからね。

今はネットの評判を見て依頼する人がほとんどなので、
ネットのレビューはお店の存亡がかかる脅威です。

実は2013年から商取引関連の法令が整備されましたので、
バイク王であってもなくても、いまどきオラオラ系の接客なんて企業にとって自殺行為なんですよ。

恥ずかしながら、筆者のかつて勤めた店もネットの評価を無視し続けた結果、近年消滅しましたからね。

もしお客さんとして、「その金額では売れない」と言っているのに
「せっかく来てやったんだ」的にいつまでもオラオラ言ってくる会社がいまどきあったら、
110していいと思います。

自作自演問題について

「複数の価格査定サイトに、バイク王が他5社と競争して、
バイク王が一番高い買取額を付けているように見せておいて、
結局この残り5社すべてがバイク王の運営店だった。」

いわゆる「自作自演問題」が2011年の1月に発覚し、以降ネットでは広く知られています。

この問題についてはバイク王側がネットを操って景品表示法に抵触する恐れのある行為をしたのが問題。

告白すれば消滅した筆者の店も、筆者も知らないくらいたくさんの屋号を使い分けていましたから、
そういう演出を戦略と取り違えることはあったのだと思います。

ただ、この問題もネットで発覚していますし、
やはり前述のように一方通行の商売をしているとしっぺ返しを食らうということです。

今では当事者であるバイク王もコンプライアンス対策室を設ける等会社を俯瞰で見られる自浄機能を設けています。

またこの一件は業界全体は一層ネットの評価の重要性を認識するきっかけにもなり、
ネットによって業界の浄化はかなり進んでいるということができます。

変なことしたらすぐブーメラン飛んできますからね。

依頼する側の期待と実際のギャップ

買い取を依頼するからには、なんとかご提示額に落とし込みたいですよね。

でもですね、そもそも店頭での中古車販売価格で買い取ってもらえると思い込んでいる方も多いんですよ。

大事なことですから改めて言います。

中古車検索サイトに出ているような価格で買い取ってもらおうというのは間違いです。

基本的には車種や年式、希少性によって相場も幅があります。

実際に買取価格はそうした相場に照らして、
あくまで現車確認でその個体の状態から次のオーナーに渡せる状態にするまでの経費を予測することで判断されます。

買取店がその一台から得たい利益も、一台一台違います。

そしてお店の都合によっても幅があってしかるべきです。

なので期待値として「買ったときの金額に近いだろう」と考えるのは大きな誤解です。

業者がネットや電話で言う「買い取り可能額」って何?

「バイク王も、他の業者も、何でネットや電話で
『その車種なら〇〇円まで頑張れます』なんて言うんだよ!」
という人も多いですね。

「お手持ちの○○という車種は、うちなら△△円までいける可能性がありますので、
ぜひ当店でお客様の車両を見せていただいてご相談させてください、
本日もしくは明日などお時間いかがでしょうか?」という話になりますよね。

筆者もそうやって電話に出ていましたのでそんな感じだと思います。

ネットでも似たような表示ですね。

かみ砕いて言えば、車種の時価上限を言っているので、
お客さんの持っているそのバイクがその値段だとは言っていないのです。

車種の時価上限というのは、
例えば走行一けたのロイヤルストレートフラッシュというか国士無双というか、
つまり新車や超極上車の時価でのことです。

ですが査定額はあくまで実際の査定によって決まります。

なので、査定の結果、
お客さんのバイクが国士無双的なバイクだと判断されれば業者はその金額に近づけて買い取るので、
「嘘」でもないんです。

通常言われる金額は「客寄せ程度」のものだと思って間違いありません。

なので、そこは耳半分で聞き流して、実際の査定額に注目した方がいいですね。

バイク王の得意不得意

バイク王はバイクの書類が紛失さえしていなければ、
他社が諦めるようなバイクでもお金に換えることができると思います。

実はバイク買い取り専門にはいくつか業態があって、
 バイク買取のみを行って業者オークションに出品するところ
 バイク買取と店頭販売のみをするところ
 バイク買取と店頭販売そして業者オークション出品を併用するところ
 海外販路を持つところ
 パーツ販売をするところ
 その全部を行うところ
と、代表的な業態だけでもいろいろあるんです。

バイク王の場合は非常に業態が大きく、買い取ったバイクを実に様々な販路で裁くことができます。

なので不動車でもカスタムでも、不人気車でも、
あらゆる販路を駆使してお金に換えることが多彩にできる会社なので、
ネット検索順位を争うライバル会社の中でも高額が期待できる会社だと思います。

バイク王が苦手なのは一括査定での対応の遅さでしょうか?

これは筆者が依頼した日の偶然だといいのですが、
一括査定で一番最後に電話をかけてきたのが、バイク王でした。

他の業者が我先に矢のようにやってくる中、
「明日以降のご都合の良い日時を」というコールセンターの対応にびっくりしました。

スピード命でその日じゅうの対応が肝であるはずですが、一括査定ではだいぶ出遅れている印象を持ちました。

バランスのよい情報収集を

バイク買取にはいろいろな心配が付きまとうわけですが、
ちゃんと事前に相場を調べたり、して準備しておけばそう恐ろしいものではないと思います。

筆者自身も買い取り査定員として現役の時にもネットの都市伝説にえらい目に遭いました。

「買取業者は盗難の下見」「窃盗団の世を凌ぐ仮の姿」
なんて言われて、追いかけまわされたり取り囲まれたんです。

本当に困りましたし、「助けてほしい」とすら思いましたよ。

バイク王の不正問題はあくまで過去において彼らの責任で起きたことです。

また、業界全体に「数字さえ上げればどんな手を使ってもいい」
という雰囲気がもないわけではありませんでしたが、
ネットの世の中でだいぶ浄化されてきています。

やはり情報はネガティブなものだけに踊らされるのではなく、
ポジティブなものも見た上で総合的に判断していただきたいと思います。

そうして総合的に判断すると、バイク王は無難な買い取り業者さんだと思います。





コメントを残す

関連キーワード
  • Amazonサイバーマンデー!クリスマスまでに届くお得バイク用品まとめ!
  • まだ間に合う!Amazonで買えるベテランライダーが唸るバイク乗りクリスマスプレゼント
  • BMW R1600C デザインコンセプトを公開!
  • バイク女子のんの「カブ女子キャンプツーリング」編
  • 女子ライダーまっちゃんの「ひとり旅のススメ」
  • プロ窃盗団も恐れるバイク盗難対策?それがココセコム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • KAWASAKI
    KAWASAKI(カワサキ) Z900RS ついに正式公開!最新情報まとめ!
    2017年11月07日
  • YAMAHA
    EICMAでヤマハが動いた!2018年投入予定の新型バイクまとめ
    2017年11月27日
  • APRILIA
    Aprillia アプリリア RSV4 RRが公開!!
    2016年01月26日
  • DUCATI
    DUCATI(ドカティ) Scrambler1100(スクランブラー1100)がリーク!
    2017年11月05日
  • DUCATI
    DUCATI ワールドプレミア映像をメーカーページで全て公開!!
    2016年01月26日
  • BMW
    BMW EICMA 注目モデルがわかる映像発見! BMW動向と日本メーカー考察。
    2015年11月18日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) 新型CB300Rを公開! CB250Rとして日本導入に期待!
    2017年11月07日
  • DUCATI
    Ducati(ドカティ)EICMAで公開した新型モデル全まとめ!PanigaleV4も!
    2017年11月06日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) EICMAで新型CB1000R公開!
    2017年11月07日
  • KTM
    KTM 790Adventure(アドベンチャー)最新情報
    2017年11月07日
  • BMW
    BMW R nineT Scrambler が公開!!
    2015年11月16日
  • MV AGUSTA
    MV Agusta 最新モデルDragster 800 RR 画像が公開!!
    2016年01月26日
  • YAMAHA
    YAMAHA 最新モデルTDM900/FJ-09/MT-09 TRACERの画像を公開!!
    2015年08月22日
  • KAWASAKI
    Kawasaki(カワサキ) H2 SX GTスーパーチャージャーツアラー公開!
    2017年11月07日
  • DUCATI
    DUCATI X Diavel 正式公開!! DUCATIが唱える新価値とは!?
    2015年11月18日
  • DUCATI
    DUCATI 2016 新モデル ワールドプレミア をまもなく公開!!
    2015年11月16日
  • KAWASAKI
    Kawasaki(カワサキ)東京モーターショー2017出展内容・見どころまとめ!
    2017年11月06日
  • YAMAHA
    ヤマハTenere700(テネレ700) / 新型XT1200ZE Super Tenere Raid Edition(スーパーテネレ)正式公開!
    2017年11月07日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) CB4 Interceter Concept(インターセプター)公開!
    2017年11月23日
  • BMW
    BMW EICMA(ミラノショー)で発表の4モデル最新情報! K1600 Grand Amrica,F850/750GS,C400X
    2017年11月08日
  • HUSQVARNA
    EICMAでオフ車の老舗ハスクバーナが見せたロードモデルのまとめ
    2017年11月23日
  • 2ストローク
    なんと 2スト スポーツ がミラノショーで公開か!?
    2015年11月14日
おすすめの記事
2006 SUMMER 北海道
ラリーが終わり再び一人旅の再開。 福助と一緒にいたのは、今回の旅で良いアクセントになったと思う。 まず目指すは、北海道の綺麗な湖たち 地図上...
HONDA
ここ最近少しずつティーザーが出始めていたHONDA X-ADV 。 HONDA CITY ADVENTURE 第2弾ティザー映像公開! 20...
未分類
足首がムズムズ。。。 おもむろに手を伸ばすと・・・ ゴキブリ 最近大学の友達に気が付かれ始めたが、自分はキモイ虫がマジで苦手である。 てんと...