BMW R nineTカスタムモデルがかなり独創的!
Googleイチオシ記事

最新モデルR18だけではなく、R nineTでも独創的なカスタムモデルが登場!

BMWの最新のモデルと言えば、R18。
ローロングのクルーザーに興味はあるけど、ハーレーはちょっと違うんだよなぁ、というバイク乗りが飛びつきたくなるような美しさと個性。
BMWの本国ドイツだけではなく世界的に盛り上がりを見せています。
これは大変すばらしいことですよね。

しかしながら、R18の公開と同じくらいのインパクトのリリースがありました!
それがR nineTのカスタムモデルです!
なぜインパクトがあるかというと、デザインなどの見た目ももちろんですが、BMW自信がカスタムマシンなどのサポートをしているというところ。
そのマシンの詳細を見ていきましょう。

これがロシアンカスタムビルダーが作ったR nineT!

BMW Motorradロシアのフルサポートを受けて、ロシアの首都モスクワのZillers Garageというビカスタムルダーに新しく制作されたR nineT。
早速コンセプトや製作風景もおさまった映像を見てみましょう。

ここまで力を入れて製作したこのモデル。
実は公式にキャンセルされたモスクワのモーターサイクルショーで公開される予定だったモデルなんです。
キャンセルが決まった段階でオンラインでの公開になりました。

何とも言えない美しさがあるので、映像の後は怒涛のフォトギャラリーをどうぞ笑


かなり個性的なカウリングはアルミ製。
アルミらしい渋いシルバーでしっかりまとめられています。

デザインを見ても分かるように、足回りの変更というかサスペンションのストローク設定をかなり変更していますね。
フェンダーやカウルにかなりタイヤが近づいています。
いやいや、これじゃ公道走れないでしょ。。。
となるわけですが、この矛盾を解決しているのがなんとエアサス(エアサスペンション)!
エアサスであれば車高調整が比較的自在にできますので、きわめてきれいな路面や停車時は思い切り車高を下げてフォトギャラリーのようなスタイルにしながら、公道を実走するときには車高を上げて走破性を担保する。
こんな柔軟性を持ち合わせているといことですね。

驚くことにエンジンやトランスミッションは全く変更していないとのこと。
R nineTのエンジンは1,170cc 110馬力で、6速ミッションとなります。

このモデル、発売される想定のモデルなのか?
と気になるところですが、現状はさすがにコンセプトモデルでしょう。
景気が良いとメーカーにも余裕が出てショーモデルをキープコンセプトで市販したりもします。
COVI-19など暗いニュースも多い昨今ですが、今後の世界景気の回復と新モデルの登場を辛抱強く待ちましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事