Googleイチオシ記事




Hondaファンに朗報!

イタリアで開催されたEICMA2018(ミラノ国際モーターサイクルショー)。

ここでは数々の来期モデルが発表となり、その話題で盛り上がったのも記憶に新しいところです。

この中で発表となったホンダの来期モデルについては、こちらの記事の中でもお伝えしましたね。

早く手に入れたいと待ちわびている方も多いことでしょう。

そんなホンダファンに朗報です!

EICMAで発表した5車種のうち(CB500Fを除く)4車種の日本仕様発売が、ホンダから正式に発表されました。

今回は、発表された車種の価格や発売時期についてお知らせします。

CB650F


※写真は海外仕様のもの

「ネオスポーツカフェ」シリーズにミドルクラスにCB650Fを投入。

初代CB400FOURに由来する4本のエキパイの美しさと、車格の手ごろ感からか、登場をお伝えした記事にも多くの反響をいただいていました。

国内仕様のカラーは、


レッド(キャンディークロモスフィアレッド)
※写真は海外仕様のもの

シルバー(マットベータシルバーメタリック)
※写真は海外仕様のもの

 


ブラック(グラファイトブラック)
※写真は海外仕様のもの

の以上3色。

※写真は海外仕様のもの

残念ながらEICMAで発表された、


ブルーメタリックの日本投入はないようです。

発売予定は2019年3月中旬、予定価格は96万1200円となっています。


※写真は海外仕様のもの

スリッパー&アシストクラッチの装備に加え、トラクションコントロールも装備していると言いますから、スポーティーな走りも期待できそうですね。

CBR650R


※写真は海外仕様のもの

こちらはCB650Fのフルカウル版となるCBR650R。

スーパースポーツバイクCBR1000RRに似たマスクが印象的です。

CB650Fと同じコンパクトな車体のおかげで、先代よりも-6kgの軽量化を実現。


※写真は海外仕様のもの

スリッパー&アシストクラッチやトラクションコントロールなどもCB650Fと同等。

ですが、セパハンでライディングポジションもマシンのキャラクターも変わってくるのではないかと思います。

日本国内投入色はECIMAで発表の通り、

 


レッド(グランプリレッド)
※写真は海外仕様のもの

ブラック(マットバリスティックブラックメタリック)
※写真は海外仕様のもの

の2色。

ミドルスポーツは20歳台の購入者が増えてきていると聞きました。

CBR650Rの様なツーリング色のあるフルカウルモデルなら、若い需要を刺激するかもしれませんね。

気になる国内仕様の発売時期は2019年3月中旬を予定。

予定価格は現行車よりも4万円アップの103万6800円~106万9200円となっています。

CBR400R


※写真はCBR500R

ECIMAではCBR500Rとして登場しましたが、こちらはCBR400Rとして国内仕様の販売が予定されました。

外見上現行車との違いは、


※写真はCBR500Rのもの

マフラーのテールエンド部がデュアルタイプになって、


※写真はCBR500Rのもの

メーターデザインがシリーズ共有のタイプになっています。

こちらにもスリッパー&アシストクラッチが装備されているので、ツーリングも楽にこなせそうですね。

日本投入色は、

 

レッド(グランプリレッド)
※写真はCBR500Rのもの

 

ホワイト(パールグレアホワイト)
※写真はCBR500Rのもの

さらに今回写真はご用意できなかったのですが、「マットアクシスグレーメタリック」というカラーも準備されています。

ちなみにマットアクシスグレーメタリックはGROMの新色としても用意されているカラーリングで、

大体の色見本としてお示しすると、このような色になります。

発売時期は2019年3月下旬、予定価格は79万3800円です。

400X

大きすぎない車格が人気のアドベンチャーモデル。

EICMAではCB500Xとして紹介されていたモデル。


※写真はCB500Xのもの

国内仕様は、400Xの新型として発売されます。

エンジンやメーターなどはCBR400Rと共通するところも多いのですが、


※写真はCB500Xのもの

キャスター角が2°程寝かせたものになっているなど、アドベンチャーモデルとして専用に設計された部分も多いようです。
(EICMAでのリリース資料を参照)

国内投入色は

レッド(グランプリレッド)
※写真はCB500Xのもの

ブラック(マットバリスティックブラックメタル)
※写真はCB500Xのもの

EICMAで発表されたCB500Xにはホワイトもあったのですが、

400Xにはこちら色の投入はないようです。

発売は同じく2019年3月下旬、予定価格は81万1080円となっています。

まとめ

エントリーライダーのステップアップやリターンライダーにも人気のミドルクラス。

この層のラインナップが厚くなることは、大いに歓迎すべきことだと思いますね。

これらのモデルの発展に期待しましょう!

 

映像引用元;HONDA EU




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事