ducati v4 panigale streetfighter
ducati v4 panigale streetfighter
Googleイチオシ記事

Panigale(パニガーレ)V4 スーパースポーツのストリートファイター公開!

これまでもたくさんの噂がありました。
Panigale(パニガーレ)のV2の方のストリートファイター!

そもそもZ1000などでスーパースポーツエンジンを搭載したネイキッドというストリートファイタージャンルを生み出した日本メーカーKawasaki(カワサキ) H2のストリートファイター!

秀逸なデザインの予測モデルでしたが、いずれも世に出ませんでした。
しかし今回はマジで出ます。Ducati(ドカティ)本体からパイクスピークインターナショナルヒルクライムにPanigale Streetfighter V4のプロトタイプが出場することが公開されました。

二輪での記録保持者のCarlin Dunne が、DucatiのStreetfighter V4プロトタイプに乗り、さらなる記録にチャレンジするということです。

Panigale V4 Streetfighterはプロトタイプではなく販売される見込み!

Ducati(ドカティ)本体はこのPanigale V4 Streetfighterがパイクスピークのプロトタイプで終了ではなく、

  • 2019年のEICMAで公開される
  • 2020年の3月までに生産し、販売される

ということをほのめかしているようです。映像はこちら!

Ducati(ドカティ)としてかなりの開発費もかけてリリースした新型のV4エンジンでしょうから、共通エンジンの派生モデルも増やして、セールスにも貢献したと考えるのは自然ですね。
もちろんフルカウルモデルに対して、ストリートファイターモデルは中低速域のトルクよりに振ったチューリング等は施されてくるものと考えられます。

フルカウルではないがウイングレットが装備されていたり、
大型TFT液晶も搭載されていたり、ストリートファイターモデル=スーパースポーツからカウルをはぎ取っただけ、ではないようです。

今回のプロトタイプのカラーリングも斬新ですし、これからのストリートファイターモデルに一石を投じる個性派モデルになってほしいものです。

デザインの老舗Kar Designさんにも量産仕様の予測スケッチがありました!

ソース

まずはパイクスピークのレース結果に期待しましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事