Googleイチオシ記事

2021年2月11日 ポンテデーラ – ピアッジオグループは、 2020年度のヨーロッパ二輪車市場におけるリーダーシップをさらに発揮し、 市場全体の14.2%のシェアを獲得しました。 この結果は、 モーターサイクルの販売が大幅に伸び、 更にグループのシェアが24%を占めたスクーターセグメントでの素晴らしい業績によるものです

公表データによると、 2020年度のヨーロッパ主要市場※で登録された二輪車(モーターサイクル及びスクーター)は145.5万台であり、 その内20.7万台をピアッジオグループが生産し、 2019年度比6%増となっています。

主要な要因には、 ベスパブランドのスクーター、 モト・グッツィ V85TT、 モーターサイクルセグメントにおけるアプリリアブランドの成長、 スクーターセグメントでのピアッジオブランドの成功が挙げられます。

先日、 ピアッジオグループは、 待望のモト・グッツィ新型V7、 アプリリア Tuono 660、 ピアッジオ新型ビバリー(日本未導入)をはじめ、 2021年発売予定の新型11モデル(スクーター5台、 モーターサイクル6台)を初披露しました。 さらに、 6月には新型ピアッジオ電動スクーターの発表を予定しています。

※イタリア、 フランス、 スペイン、 ドイツ、 イギリス、 ベルギー、 オランダ、 ギリシャ、 クロアチア、 ポルトガル、 スイス、 オーストリア、 フィンランド、 スウェーデン、 ノルウェー、 デンマーク、 チェコ、 ハンガリー、 スロベニア

ベスパ プリマベーラ(欧州仕様)

ベスパ プリマベーラ(欧州仕様)

モトグッツィ V85 TT トラベル

モトグッツィ V85 TT トラベル

アプリリア Tuono 660

アプリリア Tuono 660

ピアッジオ グループ ジャパン公式ホームページ  https://www.piaggio.co.jp/
ピアッジオグループ プレスサイト(海外サイト)  http://press.piaggiogroup.com/en_EN/post/index




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事