Googleイチオシ記事


最近時、急激に復活の気配を見せているロイヤル エンフィールド(Royal Enfield)。

世界的なセールスも好調だそうで、
改めてインドのパワーを感じるばかりです。

国内メーカーだけではなく、
KTMやBMWもインドでの生産やインド製部品の活用を積極的に行っています。

一見昔からそれほど変わらないように思える二輪の世界も、
少しずつ、いやなかなか速いスピードで変化しているものですね。

そんなインドパワーのロイヤル エンフィールド(Royal Enfield)ですが、
今回750cc パラレルツインの開発中とみられるモデルが、
スパイショットされました。

upcoming-royal-enfield-750-parallel-twin-bike-spied-in-spain-109499_1

完成度の高さ的に間もなくの市場投入となるでしょう。

ロイヤルエンフィールド(Royal Enfield)も絶対的な性能というよりは”味”で
売っているメーカーだと私は感じています。

ハーレーなどの大型の”味”メーカーを脅かす存在になれるのか。

今後の躍進に注目です。

※後日勢いに乗るロイヤルエンフィールドが
DUCATIを食うのではというニュースも飛び込んできました!


読むだけでベテランのハーレー乗りになれる本[雑誌] エイムック




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事