HONDA

Honda 150SS 4ミニ コンセプトを公開!



親日で日本企業も多く進出していることから、
日本人にも人気の高いタイ。

一度行けば分かるバイク王国であり、
タイの人々は生活の道具として、
また最近ではカスタムしたり、趣味的要素をプラスしたり、
バイク文化が発展している国でもあります。

タイ バンコクでバイクパーツを買うならプーンサップへ行こう!

タイ バンコクでバイクパーツを買うならプーンサップへ行こう!

人々の経済力も上がってきており、
欧米系のビッグバイクをメインに取り扱っているメーカーも
タイのマーケットに攻勢をしかけているような状況です。

タイ DUCATIのCMがなかなか面白い!

タイ DUCATIのCMがなかなか面白い!

バンコクのモーターショーにて非常に興味深いモデルが公開されました。

Honda 150SS コンセプトです!

これは150ccという決して大きくない排気量でありながら、
デザイン的にもかなり洗練されたモデルです!

GROM(グロム)またはMSX125の兄弟モデルといった位置づけになりそうですが、
やはりかなりゴージャスです!



もちろん見た目だけではありません。

エンジンは水冷の150cc単気筒で、
グロムよりもハイパフォーマンスです。

実際に公開されているグロムのスペックは、
7000回転で10馬力、トルクは5400回転で10.8Nmということですが、
このスペックをはるかにしのいでくることが予想されます。

もちろんライダーの体重にもよりますが、
グロムの最高速はタイのモデルで90km/hほどですから、
150SSは100km/hを超すレベルになるかもしれません。

150ccと言う排気量は日本市場的には非常に難しい位置づけではありますが、
この洗練されたデザインであれば、日本でもそれなりに受け入れられそうな気がしますね。

グロムは4速ミッション等、少しスペック的に見劣りするところもあったりしますから、
150SSに関してはネオカフェレーサー、もしくはお金持ちの4ミニ的な扱いでそれなりに
売れるかもしれません。

先日の東京モーターサイクルショーでも是非出して欲しかったですね。

モンキーの生産終了が告げられて国内の4ミニ界は寂しい限りですから、
タイからこのようなモデルがたくさん出てきて、
再び日本のミニバイクを盛り上げて欲しいものですね。

HONDA 新型 MONKEY(モンキー)は125cc!!(記事はこちら)

HONDA 新型 MONKEY(モンキー)は125cc!!

このカテゴリーYamahaもM-Slazを持っていますし、
ますます競争が過熱するかもしれませんね。

ユーザーとしては非常に楽しみな限りです。

YAMAHA M-Slaz タイでのプロモーションが本気!(記事はこちらをクリック)!

ソース


バンコクを楽しみきろう!


関連記事

  1. HONDA 新型 GOLDWING GL1800(ゴールドウイン…
  2. 速報!MOTO GP TTアッセン(MOTO2) 中上選手が優勝…
  3. Honda CESで Riding Assist 「倒れない2輪…
  4. Honda ジョルノ のCMが少し面白い笑
  5. Honda NEW GOLD WINGのフロント・サスペンション…
  6. 小指を 骨折 マルケス !! ペドロサは??
  7. 海外でも大人気! これが Honda「 GROM 」の遊び方!
  8. 攻殻機動隊の実写映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」にHondaの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP