Googleイチオシ記事

Kawasaki(カワサキ)の勢いが止まらない!

水冷直列四気筒の元気なエンジンを搭載するミドルサイズ以上のKawasaki(カワサキ)Zシリーズ!

Z900RSといった往年のZ1を思わせる、現代のコンポーネントを纏った高性能の名車復刻版モデル
なども検討され、Zシリーズの派生モデル展開の勢いは止まりません。

発売前から非常に大きな反響があります。
またその反響は日本だけではなく、世界中から届いています。
これは本当に喜ばしいし、すごい事ですよね。

スーパーチャージャー搭載の噂もありました。
もしZ900RSがNA(ノンチャージャー)エンジンでスタートしたとしても、
是非スーパーチャージャーエンジン派生の追加に期待したいものです。

弟モデルZ650もレトロテイストへの派生モデルチェンジをやってのけた!

Z900RSのみならず、Z650もレトロテイストモデルへの派生モデルチェンジが行われました。
今回のモチーフはフラットトラックレーサーです。

フラットトラックレーサーなので、公道を走る為の保安部品は装着されておりませんが、
上手く保安部品を装着すれば、そのまま売れちゃうのではないかと思うほど、
美しいデザインをしています。

デザイン自体はKawasaki(カワサキ)本体ではなくMSRが行った為、
より大胆なものになっています。

通常水冷の4気筒エンジンだとレトロテイストの車体に合わせても、
エンジンだけ浮いてしまうか、うまく車体とマッチしないことが多々あるのですが、
このマシンに関しては非常に収まりの良いデザインをしています。

あくまでデザインスタディーや一発モーターサイクルショーに出展されておしまい、
という事も大いに考えられますが、Kawasaki(カワサキ)Z650の新たな可能性を
垣間見ることができた気がして嬉しい限りです。

秋の新車公開シーズンになってきました!
引き続き情報ウォッチしたいと思います。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事