Googleイチオシ記事

Kawasaki(カワサキ)の勢いが止まらない!

水冷直列四気筒の元気なエンジンを搭載するミドルサイズ以上のKawasaki(カワサキ)Zシリーズ!

Z900RSといった往年のZ1を思わせる、現代のコンポーネントを纏った高性能の名車復刻版モデル
なども検討され、Zシリーズの派生モデル展開の勢いは止まりません。

KAWASAKI(カワサキ) Z900RS メーカー映像公開!最新情報まとめ!
2017-09-09 16:23
// レトロブームにKAWASAKI(カワサキ)が出した答えがZ900RS 最近時、秀逸なネイキッドモデルをリリースし、 スクランブラータイプを派生で開発する、という流れを取るメー...

発売前から非常に大きな反響があります。
またその反響は日本だけではなく、世界中から届いています。
これは本当に喜ばしいし、すごい事ですよね。

Kawasaki(カワサキ) Z900RS スーパーチャージャーモデルを開発!?
2016-05-15 16:15
// KAWASAKIの過給機モデル戦略はH2だけではない!? Z900RS! ここ最近の日本メーカーの開発した車としては抜群の派手さと斬新さを誇る一台。 KAWASAKI カワサ...

スーパーチャージャー搭載の噂もありました。
もしZ900RSがNA(ノンチャージャー)エンジンでスタートしたとしても、
是非スーパーチャージャーエンジン派生の追加に期待したいものです。

弟モデルZ650もレトロテイストへの派生モデルチェンジをやってのけた!

Z900RSのみならず、Z650もレトロテイストモデルへの派生モデルチェンジが行われました。
今回のモチーフはフラットトラックレーサーです。

フラットトラックレーサーなので、公道を走る為の保安部品は装着されておりませんが、
上手く保安部品を装着すれば、そのまま売れちゃうのではないかと思うほど、
美しいデザインをしています。

デザイン自体はKawasaki(カワサキ)本体ではなくMSRが行った為、
より大胆なものになっています。

通常水冷の4気筒エンジンだとレトロテイストの車体に合わせても、
エンジンだけ浮いてしまうか、うまく車体とマッチしないことが多々あるのですが、
このマシンに関しては非常に収まりの良いデザインをしています。

あくまでデザインスタディーや一発モーターサイクルショーに出展されておしまい、
という事も大いに考えられますが、Kawasaki(カワサキ)Z650の新たな可能性を
垣間見ることができた気がして嬉しい限りです。

秋の新車公開シーズンになってきました!
引き続き情報ウォッチしたいと思います。

関連キーワード
  • Kawasaki(カワサキ) H2 GT? SX? ツアラーモデル公開か!?
  • 関西ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • Kawasaki(カワサキ) Z650 フラットトラック コンセプト!
  • KAWASAKI(カワサキ) Z900RS メーカー映像公開!最新情報まとめ!
  • KAWASAKI(カワサキ)の2ストローク7気筒バイクがすごい!
  • カワサキの電動バイクのパワーユニットパテント
  • KAWASAKI 6気筒バイクのZ1300の復活モデル予想スケッチ!
  • 元祖ストリートファイターKAWASAKI Z1000の歴史映像!
  • KAWASAKI ZX-6R の氷上ドリフトが圧巻!
  • KAWASAKI Versys-X 300 本格派アドベンチャー
  • KAWASAKI ZX-HR ハイブリッドコンセプトがすごい!
  • KAWASAKI V12エンジン搭載のZ2300映像がこちら。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
未分類
今日はニューオープンのラーメン屋に行きました☆ その名は『一風堂』 言わずと知れた、博多ラーメンの本場。 チェーン展開では一蘭の一歩も二歩も...
SUZUKI
今年のEICMA(ミラノショー)は250-300ccのアドベンチャー、 オフロードツアラー祭りです。 なんとSUZUKIもアドベンチャーモデ...
未分類
久しぶりに午前中が晴れたので気分転換にちょいと走りました! 愛車の走行距離が2000?を越えました☆ 無事故無違反でこのままいきたいと思いま...
未分類
最近メッセンジャーバックが熱い。 前から欲しかったんだが、友達がクロスチャリを買い、急激にその思いが加速したわけです。 なぜ自転車に乗らない...
未分類
秋葉原に頻出するオタクってのは、現実世界と仮想現実の世界の区別がどーもついてない。 ただ、バーチャルの世界は医療や福祉の場でも活躍しているそ...