Googleイチオシ記事

スズキはネオレトロ派生モデルブームにSV650Xで対向!

各メーカー何らかのベースモデルを派生させて、
新しいコンポーネントでネオレトロなモデルを作成し、
幅広いユーザーをつかもうとしています。

現在、一番の注目はやはりKawasaki(カワサキ) Z900RSです。

KAWASAKI(カワサキ) Z900RS メーカー映像公開!最新情報まとめ!

そんな中、ネオレトロモデルのまだ存在しなかったSUZUKI(スズキ)がSV650Xという形で、
まずはコンセプトモデルを公開してきました。

モデルの名前からもフォルムからも分かるように、
ベース車両はSuzuki SV650であり、今回のSV650Xはカフェレーサー版といえます。

日本でのお披露目は? 発売予定は?

SUZUKI(スズキ)の発信によると、本年度の東京モーターショーで公開されるとのことで、
このモデルは今回のイベントの単発モデルではなく、これまで発信してきた「SV650ラリーコンセプトの進化版」
とのことです。

市販するかどうかはまだ決まっていないようで、
今回のショーも出るとしてまずはユーザーからの反応を見ることで、
市販の可否を決定すると言うことです。

なぜ今人気のネオレトロモデルなのに、市販化に慎重なのか?

過去にSuzuki(スズキ)はB-KINGというモデルをモーターショーに出し、
ものすごく大きな反響を得たので市販化し、泣かず飛ばずと言うこともありました。
ショーモデルとしてはかなりの存在感を示したものの、
実際に自分で所有するバイクとしては、、、「いらない」と言う方も多かったのでしょう。

上記のような苦い経験もあり、現状のSX650Xはあくまでもコンセプトモデルである、
としかいえないということでしょう。

1970年代テイストを意識しながら、新スタイルのビキニカウルに濃いスモークスクリーンをあわせ、
フォグランプまで装備しています。

慎重になるSuzukiの日本サイドに対して、イギリスのSuzukiのゼネラルマネージャーPaul de Lusignan氏は次のように述べているそうです。
「SV650 Rallyのコンセプトは、昨年のイベントやショーでユーザーからかなりの関心を得ることができました。ネオレトロモデルは今のライダー達に非常に人気がありますよね。 SV650XはそのRally コンセプトの進化形で、市販マシンのなった時のデザインを示しています。現状市販計画はありませんが、まずはSV650Xに対するユーザーの反応を検証したいと思います。」

イギリスサイドのほうが市販することに対して、
満更でもないコメントを出しています。

楽しみに待ちましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事