Googleイチオシ記事
tmp-32ab3a3d8a33cc4f5b3d2b19a0e2f36e-1328b9be40b1c3d9088e4513ea2b5dd3.jpg
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社のプレスリリース(2019.05.17)
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
TRIUMPH 「 TE-1プロジェクト 」発表
英国製電動二輪車における新たな可能性の創出
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役社長:野田一夫、 本社:東京都港区)は、 本日、 トライアンフモーターサイクルズ英国本社が英国産業におけるエキスパートや、 英国の科学技術研究におけるリーダーたち、 そしてInnovate UKとの共同研究を発表します。

これにより、 電動モーターサイクルの専門技術と革新的な統合ソリューションを開発します。 Williams Advanced Engineering、 Integral Powertrain Ltd.、 WMG(ウォーリック大学)とのパートナーシップによる2年間におよぶこのプロジェクトは、 将来的なトライアンフ製電動二輪車の発売において重要な役割を果たします。

  • 以下、 英国産業界および研究機関における4大リーダーによる特別なコラボレーション
  • トライアンフ・モーターサイクルズ、 Williams Advanced Engineering、 Integral Powertrain Ltd.のe-Drive部門、 WMG(ウォーリック大学)
  • 英国政府のビジネス・エネルギー・産業戦略省(BEIS)および低排出車両庁(OLEV)からの支援および共同出資(Innovate UK経由)
  • 2年間におよぶプロジェクトで、 電動二輪車の機能開発にフォーカスし、 将来的なトライアンフ製電動二輪車の発売に注力
  • 技術革新、 性能、 そして新たな知的財産を推進し、 英国の産業および設計における信頼性とプロファイルを強化

この新しいコラボレーショにより、 トライアンフが持つ世界的に有名なオートバイの専門知識と、 自動車ベースの高度な能力が組み合わさり、 未来の電動二輪車のための技術革新が生み出されます。

TriumphのCEOであるNick Bloorは、 次のように述べています。 “ この新たなコラボレーションは、 トライアンフとそのパートナーがオートバイの電動化を可能にするテクノロジーのリーダーとして、 その地位を固める刺激的な機会となります。 このプロジェクトは、 よりエコな移動手段への欲求や法規制の変更と相まって、 環境への影響を減らすため、 日々努力しているライダーたちが原動力となっています。 Triumph TE-1プロジェクトは、 我々の電動二輪車戦略の一部であり、 ライダーが自身のトライアンフ車両に求めているものと期待するものをハンドリング、 パフォーマンス、 ユーザビリティの完璧なバランスで提供することに重点が置かれています。

産業界のエキスパート、 科学技術研究におけるリーダー、 Innovate UKの特別なコラボレーション

Triumph TE-1プロジェクトは、 トライアンフ・モーターサイクルズと英国内の電動化のエキスパートによる画期的なコラボレーションであり、 それぞれが独自の分野で革新を生み出します。

  • トライアンフ・モーターサイクルズが本プロジェクトを主導し、 先進的なオートバイのシャシー設計とエンジニアリングの専門知識、 卓越した製造方法、 そして先駆的な安全機能システムを提供し、 さらには電気駆動系の電力供給特性を定義します。
  • Williams Advanced Engineeringは、 自社の試験開発施設を利用して、 革新的なバッテリーマネジメントシステムを車両制御ユニットと組み合わせ、 業界トップクラスの軽量バッテリーデザインおよび統合機能を提供します。
  • Integral Powertrain Ltd.のe-Drive部門は、 電力密度の高い特注の電気モーターとSiCインバーターの開発を担い、 両方を単一のモーターハウジングに統合します。
  • WMG(ウォーリック大学)は、 将来的な市場ニーズに基づいたモデリングとシミュレーションを通じて、 電動化の専門知識と、 研究開発から商業的影響への革新を推進するための重要なビジョンを提供します。
  • Innovate UKは、 英国経済の成長が見込まれる科学技術プログラムを推進する政府機関であり、 パートナーを支援し、 資金を助成します。 これは、 市場をリードする英国製電気自動車の性能の創出を目的とした、 BEISの最新の資金調達戦略の一部を成します。

技術革新と電動二輪車の高度な性能の開発に焦点を当てた2年間のプロジェクト

本プロジェクトは、 4つの主要段階に分けられ、 その主たる目的の1つがシステム統合の強化です。 このプロジェクトでは、 自動車をベースにした電気駆動系の個々の部品を開発し、 それらを革新的な複合ユニットに最適化することで、 マス、 複雑性、 パッケージ要件を軽減する、 洗練された電動二輪システムを生み出すことを目的としています。

トライアンフ・モーターサイクルズはパートナー組織と協力して、 バッテリーのパッケージングおよび安全性、 最適な電動モーターのサイジングおよびパッケージング、 回生ブレーキを含むブレーキシステムの統合、 先進のセーフティシステムに関する共同の専門知識を促進していきます。 これらの分野で開発された技術革新と性能は、 トライアンフの将来的な電動二輪車戦略に活用されます。

Innovate UKの支援を受けるTriumph TE-1プロジェクトのパートナーシップは、 以下の創出を促進することに焦点が当てられています。

  • 環境負荷の少ない移動手段を求めるお客様のニーズを満たし、 英国政府が注力しているCO2排出削減にフォーカスした電動二輪車量の性能
  • 強力で商業的に実用可能かつ持続可能な英国産業メーカーおよびサプライチェーンとのパートナーシップ
  • 英国内の労働力において、 持続可能な雇用を確保し、 英国の名声と世界規模の影響を促進する仕事と才能の基盤を生み出す専門知識と能力

Williams Advanced EngineeringのマネージングディレクターであるCraig Wilsonは、 次のように述べています。 “Williams Advanced Engineeringのチームは、 パートナーと共に私たちの専門知識を交通手段の電動化に適用できることを楽しみにしています。 Williamsは、 すでに世界的に有名な多くの電気自動車に動力を提供しています。 二輪車にその知識を取り入れるこのプロジェクトは、 我々の仕事における重要なステップアップになることでしょう。 ”

Integral Powertrain Ltd.の最高技術責任者であるAndrew Crossは、 次のように述べています。 “Integral Powertrainは、 お客様の足となるe-Driveテクノロジーの限界を常に押し上げ、 お客様のご希望を正確に満たすための最良のソリューションを提供するよう努めています。 このプロジェクトでは、 自動車業界およびモータースポーツ業界大手のOEMやTier 1サプライヤーとの提携により過去20年間で培われたモーター、 EVにおける多種多様な経験を活かしていきます。 将来にわたって電動化戦略を掲げるトライアンフ・モーターサイクルズを支援できること、 そして本プロジェクトに携わり、 極度に電力密度が高く、 効率的で高度に統合されたモーターサイクル用電気駆動部の設計に我々が持つ知識を活かせることを非常に光栄に思います。 ”

“混雑の軽減や都市部における大気質の改善、 ならびに駐車スペースの緩和を実現する電動二輪車は、 将来の交通において世界中で重要な役割を果たすことでしょう。 それらはまた、 あらゆる走行速度でスムーズに提供される、 豊富で制御が容易なトルクにより素晴らしい走りももたらすでしょう。 WMGは、 このエキサイティングな分野に適用できる、 道路、 鉄道、 海上および航空でのバッテリー技術および車両の電動化における豊富な経験を有しています。 当社のエキスパートチームは、 動的性能に妥協することなく、 車両の安全性および効率性を確保するため、 プロジェクト内でのモデリングおよびシミュレーション作業を主導します。 ”とウォーリック大学WMGの先端推進システムの教授であるDavid Greenwood氏は述べています。

トライアンフチーフプロダクトオフィサーのSteve Sargentは次のように述べています。 “当社の将来的な製品戦略は、 変化するお客様のニーズに合わせて最適なエンジンプラットフォームを提供することに重点を置いています。 また、 私たちはトライアンフの電動パワートレインを、 当社の代表的な2気筒および3気筒エンジンと同等の重要な必要条件として見なしています。 我々の電動二輪車のイニシアチブの一環であるTriumph TE-1プロジェクトは、 私たちの将来における製品ラインナップに貴重な材料をもたらすエキサイティングなコラボレーションであることを意味します。 英国産業の将来的な繁栄やオートバイの未来にフォーカスしたこの取り組みにおいて、 OLEVとInnovate UKのサポートを受け、 電動化のエキスパートたちや科学技術研究におけるリーダーたちと協働できることを非常に嬉しく思います。 ”

さらなる情報に関しましては、 Gavin Hardman gavin.hardman@triumph.co.uk へお問い合わせください。

– 以上 –

トライアンフについて

  • 1902年に設立されたトライアンフ・モーターサイクルズは、 2012年、 モーターサイクルメーカーとして創立110周年を迎えました。 トライアンフ・モーターサイクルズはイギリス・レスターシャー州ヒンクレーで、 正統なデザイン、 エンジン特性、 魅力、 そして性能を併せ持った象徴的なモーターサイクルを作り続けています。
  • 年間約65,000台のオートバイを製造しているTriumphは、 英国最大のオートバイメーカーであり、 世界各地に約620のディーラーを抱えています。
  • 象徴的な新型Scrambler 1200、 壮大なSpeed Triple、 大きな変革を遂げた最新型Street Triple 765、 クラスの代表的なモデルであるTiger 800、 オンロードを快適に駆け抜け、 過酷なオフロードを走破するTiger 1200、 驚異的なSpeed Twin、 Bonneville Bobberを含む象徴的なTriumph Bonnevilleファミリー、 伝説的なThruxton、 リーズナブルなStreet Twin、 Street Scrambler、 印象強いBonneville T120/T100、 さらに、 エキサイティングでアクセシブルなA2モデル。 このフォーカス、 イノベーション、 エンジニアリングの情熱により、 すべてのライダーに合う幅広いオートバイが誕生しています。
  • トライアンフは、 現在約2,000人の従業員を擁し、 イギリス、 北米、 フランス、 ドイツ、 スペイン、 イタリア、 日本、 スエーデン(スカンジナビア)、 ベネルクス、 ブラジル、 インド、 そしてタイで子会社を運営。 独自のディストリビューターネットワークも有しています。 トライアンフは、 レスターシャー州ヒンクレーおよびタイに製造工場、 ブラジルおよびインドにCKD工場を保有しています。
  • Triumph Bonnevilleのそのモデル名は、 Triumphが1956年に地上速度記録を樹立した米国ユタ州のボンネビル・ソルトフラッツに由来しています。 まさに、 英国オリジナルのスーパーモーターサイクルとレースの勝者を誕生させたオートバイであると言えます。 過去、 著名なライダーたちに選ばれつづけた理由は、 伝説的なハンドリング、 スタイル、 そしてそのキャラクターにありました。 それらをライダーに焦点を当てた現代の技術と組み合わせることにより、 世界でもっとも優れた本物のモダンクラシックモーターサイクル、 ボンネビルシリーズが誕生しました。
  • トライアンフには輝かしいレースの歴史があり、 モータースポーツの成績においてほぼすべてのクラスとカテゴリーに参戦し、 レースで数々の勝利を収めています。 2度目の参戦となった1908年のマン島TTでの勝利や1960年代ヨーロッパとアメリカでのロードおよびトラックレースでの席巻から、 2014年のデイトナ200マイルや2014年マン島スーパースポーツTTで優勝した675cc 3気筒エンジンでの活躍、 2014年および2015年のブリティッシュスーパーモーターサイクル選手権でのタイトルとスーパースポーツ世界選手権など、 現代のレースの実績に至るまで輝かしい成績を収めています。 そして現在、 新世代の765ccトリプルエンジンが2019年のMoto2™世界選手権を牽引し、 トライアンフのレーシングレジェンドは続いています。
  • トライアンフのMoto2™用765ccエンジンは、 クラス最高峰のStreet Triple RSに使用されている 765ccエンジンの強化型であり、 140ps以上の出力とStreet Tripleと同様の直感的なサウンドトラックを生み出します。

ウェブサイト: https://www.triumphmotorcycles.jp/
Facebook: www.facebook.com/TriumphMotorcyclesGlobal
YouTube: http://bit.ly/TriumphJapanYoutube
For The Ride Blog: www.fortheride.com
Instagram: https://www.instagram.com/triumph_motorcycles_japan/
Twitter: https://twitter.com/triumphjapankk

Williams Advanced Engineeringについて
Williams Advanced Engineering Limitedは、 テクノロジーおよびエンジニアリングサービス事業を運営しているWilliams Groupの一員です。
2010年、 Williams Grand Prix Engineering Limitedは事業の分散を開始し、 Williams Advanced Engineering Limitedの前身であるWilliams Advanced Engineering部門を立ち上げました。 最先端の技術や業界トップクラスのエンジニアたちが、 フォーミュラ1の極めて競争の激しい環境下で培われた40年間の成功から導き出される正確で迅速な市場投入と結びつき、 ワールドクラスの技術革新、 エンジニアリング、 試験、 製造および運用コンサルタントサービスを業界全体に提供しています。
空力、 熱力学、 電化、 最先端の軽量素材、 シミュレーション、 車両インテグレーションを専門とするWilliams Advanced Engineeringは、 顧客やパートナーと密接に協力しながら、 サステナビリティや21世紀の技術的課題を解決し、 パフォーマンスの向上を支援します。 同社はForesight Williams Technology EIS Fundからの出資により、 英国内における初期段階のテクノロジービジネスの成長も支援しています。 また、 Queen’s Award for Enterprise in Innovation 2018(英国女王賞・企業部門)を受賞しています。
さらなる情報はwww.wae.comをご確認いただくか、 Twitter、 LinkedIn、 Instagramをフォローしてください。

Integral Powertrain Ltdについて
Integral Powertrain Ltd (IP) は、 自動車の電力供給をより持続可能な方法で行うための一環として、 過去20年間にわたり継続的に次世代の技術を開発してきた国際的なエンジニアリング企業です。 Integral Powertrain Ltdのエンジニアは、 一流の製造業者やTier 1サプライヤーと密接に協力して、 モータースポーツ、 乗用車、 オフロード車両、 ならびに航空宇宙産業、 船舶産業の機器など、 幅広い用途に使用される革新的で複雑かつ市場をリードするパワートレインおよびe-Driveソリューションを開発します。 数々の賞を受賞し、 あらゆる記録を打ち立ててきた同社は、 インテグラルe-Drive、 インテグラルパワートレイン、 インテグラルe-Hubの3部門を運営しており、 ミルトン・キーンズにあるエンジニアリング・エミッションセンターでは175名以上の従業員が働いています。 2018年には、 ヨーロッパで最も権威あるロイヤル・オートモービル・クラブのデュワー・トロフィーを含む多くの賞を受賞しました。
さらなる情報はwww.integralp.comをご確認いただくか、 Twitter、 LinkedIn、 Facebook、 Instagramをフォローしていただくか、 contact@integralp.comまでメールにてご連絡ください。

ウォーリック大学WMGについて
WMGは、 共同研究開発と先駆的な教育プログラムの独自の組み合わせによって組織を変革し、 イノベーションを推進する、 世界有数の研究教育グループです。
学界、 民間および公共部門における優れたパートナーシップの国際的なロールモデルとして、 WMGは、 経済成長、 社会、 環境に真の影響を与えるため、 応用化学、 テクノロジー、 エンジニアリングにおいて国内および世界的な進歩を遂げています。
若手エンジニアのためのWMGアカデミー、 ディグリーアプレンティシップ、 学部生、 大学院生から専門家のプログラムまで、 WMGの教育プログラムは、 最も輝かしい才能の生涯にわたる学習に焦点を当てています。
ウォーリック大学の学部であり、 HVMカタパルトの中心でもあるWMGは、 1980年にLord Kumar Bhattacharyya教授により創設され、 イノベーションとスキルの開発を通じて、 英国における製造業の活性化と競争力の向上を支援しています。

トライアンフ WEBSITE  http://www.triumphmotorcycles.jp/
お客様お問合せ先:トライアンフコール TEL:03-6809-5233

000000057.000031383.html&dt=TRIUMPH 「 TE-1プロジェクト 」発表&el=2019.05.17&t=event&ec=email&ea=openrecommend_mail_data.php?t=MP%2BdsEFXvu7APj9yWum1pg%3D%3D&company_id=31383&release_id=57




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事