KAWASAKI(カワサキ) 250cc 4気筒モデルNinja ZX-25R 20年秋に日本導入決定!
Googleイチオシ記事

2019東京モーターショーでカワサキ ZX-25Rがお披露目されました。

出るのか!?出ないのか!? →出ました!
バイクユーザーを感動の渦に巻き込んでいるカワサキ Ninja ZX-25R。

そしてなんと、2020年の秋に日本国内導入決定!!!

公式公開情報やスペックなどをまとめました。
情報は随時更新中です!!

まずは公式映像から。
走行映像ではなく、分かりやすく機能をまとめてくれています。

以下、カワサキ公式HPからの情報です。

250ccクラスのラインナップでは、現時点※1で唯一となる並列4気筒エンジンを搭載したスーパースポーツモデル。スムーズで滑らかな回転フィーリングを持つ、新開発の249cm³水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブエンジンは、低中速回転域における豊かなトルクと、高速回転域での強力なパワーを両立しました。また、高回転エンジンならではのサウンドを追求した吸排気系チューニングにより、ライダーはスロットルをひねるたびに、鋭く官能的なエンジンサウンドを体感できます。車体面では、当社の勝利が続くスーパーバイク世界選手権※2などのレース活動で培った車体設計思想と、先進の構造解析技術を投入しました。新設計の軽量トレリスフレームや250ccクラス初採用となる先進的なフロントサスペンションシステム「SFF-BP」、ラジアルマウントモノブロックキャリパー、ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンションなどの採用により、スポーツ走行時における優れたコーナリング性能を有しています。また、KTRC(カワサキトラクションコントロール)やパワーモード、KQS(カワサキクイックシフター)といったライダーサポート技術も搭載。Ninja ZXシリーズを名乗るにふさわしいファンライディングを提供します。

フォトギャラリーを見ながらまだ完全に明らかにされていないスペックをまとめます。

まずこちらは東京モーターショーで公開されていた仕様・装備一覧。

まだまだ未公開である部分が多いです。

そしてプレスに配布されたエンジン透け透け画像!
興奮です。

ここでスペックを一度まとめてみます。

正式公開された情報と東南アジアと欧州から寄せられた情報を合わせて書いています。
未公開部分は青字です。

●エンジン
形式:水冷直列4気筒 DOHC 4バルブ
排気量:249cc
最高出力:42-45馬力
レッドゾーンは17,000回転から ※東京モーターショーでメーターを目視
複数パワーモードを選択可能

●駆動系
6速リターンミッション
KQS(カワサキクイックシフター) ※恐らくオプション

●フレーム
ホリゾンタルハイテンションスチール製

●タイヤ
フロント:110/70R17
リア:150/80R17
DUNLOP(ダンロップ) GPR-300

●メーター
アナログタコメーター&デジタルLCDスピードメーター

●ブレーキ
フロント:ラジアルマウント モノブロックキャリパーシングルディスク
リア:シングルディスク
ABS
展示車のブレーキキャリパーはカワサキステッカーが貼られていましたが、トキコ製でした。

●サスペンション
フロント:倒立SFF-BP(Separate Function Fork – Big Piston)
リア:ホリゾンタルバックリンク モノショック

●電子制御
パワーモード切替
スロットルバイワイヤ
KTRC(カワサキトラクションコントロール)

●価格
85~95万円(日本国内価格)

他のカワサキZXの兄弟たちと同じテイストのフロントカウリング。

フロントのウインカーはカウリングと一体になっています。

展示モデルにはスキッドパッドが装着されていましたが、これはおそらくオプションでしょう。

カワサキテープ貼ってても、ブレーキはTOKICO(トキコ)製だと分かりました。
そこまで見るかと。。。笑

クイックシフターとウルトラショートなマフラー。
EURO5対応するためにショートマフラーと裏腹にかなりデカイ弁当箱チャンバーが付いています。

ナイスなリアビューです。
ウインカーとリアライトまわり、ナンバープレートはスポーツモデルらしく簡単に取り外しできそうです。

”参考出品”とあるが、市販化はされるのか?

ここまで具体的かつ量産や市販が想定できる状態で出品されているので、ほぼ確実に市販されることと考えられます。

東京モーターショーのプレスデーで取材をしておりましたので、ずばり説明員の方に聞いてみました!

モーナビ「ずばりXZ-25R日本で市販してくれますよね」
カワサキ説明員の方「現時点では参考出品モデルです」
モーナビ「カワサキさんはここまでの完成度のショー出展モデルはことごとく市販してくれましたよね?今回も市販と受け取っていいですね?」
カワサキ説明員の方「(苦笑。。。) ご期待いただければと思います」

メーカーの説明員さんなので調子の良いことは言えません。
ただその表情は自信と満足度にあふれていましたし、何よりも世の中の期待が大きいことが今回良く分かったはず。

カワサキ販売店にも具体的な情報が入っているようですし、市販化はやはり間違いないと見て良いでしょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事