Honda(ホンダ) CT125ハンターカブ 最新情報まとめ!44万円!
Googleイチオシ記事

ハンターカブが44万円で20年6月についに登場!

販売店には既に情報が入っているようです。

市販モデルは2019年の東京モーターショーでお披露目したモデルと大きくは変わらない様子。
マフラーガードがだいぶごつくなっているようです。

カラーバリエーションはレッドとベージュの2パターン。
FrブレーキのみのABSが適用されるようです。

現在発信されている公式情報は以下の通り。

■全長:1,929mm
■全幅:786mm
■全高:1,088mm

空冷4ストロークOHC単気筒・124cm3

普段使いの気軽さを持ちながら、自然の中でも楽しめる機能性を持ったトレッキングCub。
かつての“CT”のコンセプトを受け継ぎ、スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント吸気ダクト&サイドエアクリーナーなどを装備しながらシンプルで他にないスタイリングを実現。
さらに、サスペンションのクッション性能の最適化やゆとりの最低地上高、前後ディスクブレーキ+フロントABSなど、トレッキングシーンでの様々なシチュエーションもこなす対応力も追求。
キャンプや釣りなどの趣味と共に、気軽に自然の中に出かけられるレジャーモデルです。

当然C125ベースになるのでスペック等も大方予想はつくのですが、公式情報を追いかけたいと思います。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事