Googleイチオシ記事


MOTO GP2015 アルゼンチンGP

ポールから優位にレースを進めていたマルケス。

「予選後のインタビューでも勝負の鍵はタイヤのマネジメントになります」

と言っていました。
そんなマルケスを追うロッシ。

2列目スタートでありながら順位を上げ、
しかもタイヤマネージメントという観点ではマルケスよりもライフの長い、
エクストラハードを装着。

ぴったり後ろについて相手の走りを分析し、
ラスト数ラップでオーバーテイクし、
逃げ切るという全盛期のロッシのようなレース運びでした。

しかし、ラスト2Lapで頑張りすぎたマルケスがまさかの接触転倒。。。
9b52d04905c67c01554ce6eb554f3b43

映像はこちら。

マルケスはリタイヤでノーポイントになってしまいました。

何が起こるかは最後まで分かりませんね。。。

マルケスに怪我がなさそうで良かったです。

それにしても今年のMOTO GPは荒れています。

見ている方としては非常に面白くなりそうです☆
_gp_9428_0_1.middle

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事