Googleイチオシ記事

世界戦略モデルのBMW G310R

中排気量から、大排気量まで豊富なバリエーション。

かつハイテクノロジーを前面に出したラインナップ拡充に動いている BMW。

昨年はTVSと連携し、インド生産の世界展開モデルも登場し、
台数含めて世界を席巻する気まんまん、といった印象でした。

BMW G310R 正式公開!!
2015-11-11 23:01
// 以前から噂にはなっていましたが、(記事はこちらをクリック) ミラノショーを前に正式公開です!! 「 BMW G310R 」です! こちら! BMW初の313ccシングルエンジ...

G310Rにスクランブラーモデル追加か!?

この台注目モデル BMW G310R ですが、

なんとスクランブラーバージョンが追加されるのでは??という情報があります。

デザイン予測はこんな感じ!!

bmw-g310r-scrambler-shows-real-potential-and-is-a-feasible-project-103722_1

良いベースモデルを作って、そこから派生モデルを大展開!というのが
最近の特にYAMAHAやKTMのやり方ですね。

BMWは昔からこのやり方を取っていました。

メーカー都合の効率化みたいなところをうまく消しながらモデル開発できれば、
メーカーにもユーザーにも非常に魅力的なモデルが誕生するというわけです。

さてまだウワサの域を出ない BMW G310R スクランブラー ではありますが、
構想がないわけないですね。

と言うのも既にG310Rは派生も出る展開をしているからです。

スポーツにアドベンチャー、豊富なG310R派生モデル

スクランブラーモデルの誕生はまだ定かではありませんが、

アドベンチャーモデルに関しては既に登場しています。

またスポーツモデルに関しても登場間近という状況です。

アドベンチャーモデルはG310GS!

アドベンチャーモデルに関してはBMW 完全新型G310GSとして既にリリースされています。

BMW G310GS 正式公開!
2016-11-08 22:06
// 最近時スパイショットされまくっていたBMW G310GS! スパイショットされまくるということは良く言えば、 しっかり昼間に公道テストを重ねているということですから、 車両の...

250から300ccクラスのアドベンチャーモデルは各社

非常に力を入れている領域ですから、そこにBMW自慢のGSブランドを引っさげて登場したと言うのが

このBMW G310GSというわけです。

スポーツモデルはTVS Akula310として登場!?

製造委託元であるTVSのブランドでスポーツモデルをリリースするのでは?

という状況です。

もしかするとBMWとTVSの提携の話の中の一つの条件として、

BMW製造委託の中のどれか一つのモデルに関してTVSブランドでもリリースする、

もしくは技術提供をおこなう、といいた内容があったのかもしれません。

BMW G310R の フルカウル スポーツ TVS Akula310 公開!!
2016-02-03 21:57
// BMW G310R といえば、BMWが世界に放ったミドルクラスのスポーツモデル! BMWにしては珍しい(日本で言う中型の)排気量設定であり、 かつその生産をインドのTVSに委...

そうでもないとBMWが一生懸命開発したモデルの一部をTVSブランドで出す

意味は無いですもんね。

 

もしくはTVSをはじめとしたインドメーカーは資金力がありますから、

このスーパースポーツモデルのリリース権を買い取ったのかもしれません。

 

色々な憶測が考えられますが、もちろんオフィシャルなリリースは無いです。

 

スクランブラーモデルも激戦区に!

スクランブラーモデル自体が特に欧州で最近時大きな市場持ち、

各メーカーが気合を入れて開発していると言う状況です。

とくにBMWも R nine T Scrambler(スクランブラー)として、

既にスクランブラーモデルをリリースしています。

 

既存の空冷水平対向エンジンをうまく活用しながらレトロな印象の中に

新しいコンポーネントをうまく投入しこのモデルを成り立たせているというわけです。

BMW R nine T Scrambler(スクランブラー)正式公開!!
2016-07-15 22:47
// 車両がなかなか美しいもので、 今回はフォトギャラリーにしましょう。 スペックは画像の後に記載。 タイヤ・ホイールは19インチ化され、 サイレンサーは片出し2連のこれぞスクラン...

しかもセールスもそれなりに好調と言うことで、

エンジンは新開発ではないですし、うまく自社内の既存品を活用してますし、

これはメーカー的には非常においしいモデルに仕上がっているのかもしれませんね。

 

かつ味わいやこだわりを重要視するのがスクランブラーユーザーの特性だとすると、

BMW R nine Tで水平対向エンジンの独特の鼓動間や挙動に味わいを感じ、

ゆくゆくステップアップもしくはアドベンチャーやツアラーが欲しくなったときには

キングオブアドベンチャーR1200GSを買ってもらえるようなBMWファンを醸成したいのかもしれません。

もしそこまでのBMWワールド、BMWファンを育てる構想が練られているとしたら、

かなり恐ろしいですが、素敵な世界観だと思います。

 

さてBMW G310R スクランブラーに関しては、

楽しみに追加情報を待ちましょう。


BMW Motorrad Journal 6(ビーエムダブリューモトラッドジャーナル) (エイムック 3238)

コメントを残す

関連キーワード
  • BMW R1600C デザインコンセプトを公開!
  • BMW ボクサーエンジンに可変バルブ導入か?
  • BMW S1000RR モデルチェンジ新型情報!
  • これぞ新しいサイドカーのスタイル!
  • アメリカ白バイの驚きの訓練風景がこれだ!
  • BMW 電動2輪ボード X2 Cityを公開!
  • BMW G310Rベースのスーパースポーツ「HP1」コンセプト!
  • BMW Concept Link を公開!
  • SUBARU(スバル)エンジンでバイク作るとこうなる!
  • ニュルブルクリンクでバイクが車にぶつかると、、、
  • BMW カーボンフレームのHP4を正式公開!
  • BMW F900GS スパイショット!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。