Googleイチオシ記事


イタリアメーカーがパイオニアとなり、そこにYAMAHAが続き、
さてこれからどうなる!? というモーナビとしては大変期待しているカテゴリーである

「 3輪バイク 」

に関する話題です。

YAMAHA に対してHONDAも動いていないわけではなく、
例えば昨年の東京モーターショーではこんなコンセプトモデルを提案していました。

NEOWING ということで、YAMAHAが提案しているTRICITYよりも車格や排気量は大きい位置付けでした。

あくまでコンセプトの域を出ていなかったこのモデルですが、
より現実的なHONDAの3輪モデルにかんする情報がありました。

それがこちら。

01-HONDA-NC-750-D3-750x410

まぁこれは単なるCGと言ってしまえば、それまでなのですが、
特許図も出ています。

03-HONDA-NC-750-D3-750x410 04-HONDA-NC-750-D3-750x410

3輪バイク の特許を、HONDAにとってより汎用的なモデルである NC750 で取った、
という可能性もありますが、
HONDAが 3輪バイク の世界に本気で飛び込もうとしていることは間違いなさそうです。

どこかのメーカーが新規ジャンルを切り開き、火付け役になり、
業界全体が活性化したり、新しい可能性に気付く。

これは非常に良い兆候ですよね。

HONDAが本気で作った 3輪バイク どんなものができてくるのかわくわくしませんか!?


日本初上陸のオール・テレイン(全地形万能)ビークルDTVシュレッダー 単気筒4サイクル196cc空冷エンジン 山林走行雪走行エクストリーム・スポーツ農作業森林作業




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事