Googleイチオシ記事


以前から2輪だけではなく、4輪も積極的に電動車展開してきたBMW。

BMWのアイデンティティーであるボクサーエンジンのイメージをうまく生かしたデザイン
なども非常に好印象でした。

BMWの電気バイク戦略が分かる!?  電気ボクサーツインがすごい!!
2015-09-15 08:20
// バイクメーカーで4輪も同時に開発しているメーカーはその資本力や開発力を生かして、 新規分野にも積極的になる傾向があると思います。 日本でいえばHondaですが、 ドイツでいえ...

そして今回はBMWが本気で作ってきた電動スクーター

BMW C Evolutionが公開となりました。

車両は2タイプあるということ。
(ヨーロッパのカテゴリー対応したモデルもあります)

注目すべきはやはり世界展開モデルの方。

19 kW (26 HP)のモーター出力で、
これは先代モデルより?8 kW (11 HP)の出力アップ。

最大出力は35 kW (47 HP)です。

バッテリー容量は97 Ah。

航続距離は160kmで、最高速度は129km/h。

時速50km/hまでの到達時間は2.8秒です。

動力性能を見るとやはりガソリン車に見劣りするような印象です。

どうしても2輪車の場合、スペース/レイアウトの仕方が4輪よりも
難しくうまく電動車のスペックを出すのが難しそうです。

ガソリン車自体の性能も非常に高いですから、
2.8秒あればスーパースポーツ100km/h出るじゃん。とか考えちゃいます。
(もちろん比較すべきではないのですが、数字が浮かんじゃいます)

しかしながら大手メーカーとして、
我々が考える電動車はこれだ、と打ち出してきたことに価値があります。

車両価格も?15,000 ($16,840)とまだまだ高価ですが、
これからの更なる進化と、日本勢の追従に期待をしましょう!

コメントを残す

関連キーワード
  • BMW R1600C デザインコンセプトを公開!
  • BMW ボクサーエンジンに可変バルブ導入か?
  • BMW S1000RR モデルチェンジ新型情報!
  • これぞ新しいサイドカーのスタイル!
  • アメリカ白バイの驚きの訓練風景がこれだ!
  • BMW 電動2輪ボード X2 Cityを公開!
  • BMW G310Rベースのスーパースポーツ「HP1」コンセプト!
  • BMW Concept Link を公開!
  • SUBARU(スバル)エンジンでバイク作るとこうなる!
  • ニュルブルクリンクでバイクが車にぶつかると、、、
  • BMW カーボンフレームのHP4を正式公開!
  • BMW F900GS スパイショット!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
KTM
// 事前にヘッドライトばかり注目されていたKTM DUKE390が正式公開しました! ヘッドライトだけでなく、 全体像を見てみるとなかなか...
ツーリング&おでかけ 記録
// 3月にカナダに行った時に行ったトロント&モントリオール カナダの公用語は英語とフランス語。 トロントは英語色が強いのに対し、モントリオ...