Googleイチオシ記事


オンロードイメージの強いDUCATI ドカティが本気で作る
オフロードも行けるアドベンチャーモデル。

DUCATI Multistrada ムルティストラーダ 1200。

現行ラインナップは排気量は1200cc一択で、
よりオフロード性能を高めたEnduro エンデューロという、
バリエーションもあります。

王者 BMW R1200GSと比較するとオフロード性能は劣る、等々の
メディアの記述もありますが、
デザインやモデルの歴史もMultistaradaは十分で、
堂々とDUCATIが誇るアドベンチャーモデル!といって問題ないと思います。

ケーシーストーナーも試乗して絶賛でした!
(もちろんこれは契約しているライダーとしてのリップサービスもあると思いますが)

そんなDucati Multistradaですが前述したように、
排気量は1200cc一択でした。

特に欧州において現在アドベンチャー系モデルの市場は非常に大きく、
ご存知のように各社アドベンチャーモデル、オンオフモデルのラインナップを
拡充しています。

最大排気量のフラッグシップアドベンチャーだけではなく、
R1200GS に対する F800GS 、TIGER Explorer に対する TIGER800などです。

この多様なラインナップの流れに追いつけとばかりに今回、
DUCATI ドカティもMultistrada 939 ムリティストラーダ939を導入するのでしょう。

さぁ肝心なスパイショットはこちら!

2017-ducati-multistrada-939-spy-photo b_senza-nome

もともとエンジンラインアップは形式こそVツインですが、
排気量に関しては豊富なバリエーションを持っておりましたし、
この手の派生モデル開発は早そう&得意そうです。

まだディティールは明らかになっていませんが、
BMWやTRIUMPH、YAMAHAのミドルクラスアドベンチャーとの
真っ向勝負になるでしょう。

現状のスパイショットだと排気系の取り回しやサイレンサーの形状や配置が
独特でしょうか。

間違いなくEICMAまでには発表されることでしょう。

期待して待ちましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事