Googleイチオシ記事


最近時加熱する~300ccスポーツモデルに対して、
SUZUKI(スズキ)はまず125ccモデルその解を出しました。

SUZUKI GSX-R125 ABSです。

このクラスでしっかりとABSを装着しているところは、
さすがスズキ。

実はHONDAではなく、スズキの方が国内モデルのABSリリースは早かった
と記憶しております。

車両の機能としてはABSだけではなく、
キーレスエンジンスタート。

またスタータースイッチノ形状こそ変わらないものの、
4輪でいうプッシュスタートのようなワンタッチスタートが採用されています。

ヘッドライトはLED。

DOHCエンジンと心臓部にも妥協は無さそうです。

充実装備でありながらクラス最軽量。

そしてフルLCDメーター。

ウェーブディスクブレーキ。

正直125ccにしては非常に豪華なつくりになっています。

もちろん乗った印象がどうか、という所もありますが、
デザインも個性的ではありますが、かっこいい!

これは相当な売れ筋になるかもしれませんね。

ヨーロッパもしくはアジアでの販売をメインに検討していそうですから、
MOTO GPでも表彰台常連、優勝数回、というレベルになってくると
さらにブランドイメージやマシンのイメージも上がり、
セールスも面白くなってくるのではないかと思います。

日本には導入されますかね。。。

YAMAHA YZF-R125もきれいなデザインでありながら、
日本にはあまり積極的に導入されていませんね。

SUZUKIスポーツファンの皆さん。
このモデル買わない理由が無いですね。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事