Googleイチオシ記事


2016年シーズンのMOTO GPでカウルにウイングレッドを装着しまくったDUCATI。

転倒時に鋭利な形状のウイングレッドはよろしくないということで、
2017年シーズンには禁止をされたこのウイングレッド。

間違いなくMOTO GPの歴史に刻まれる技術トレンドになると言えるでしょう。

また2017年からウイングレッド自体は禁止されていますが、
なんとか空力メリットを出そうとして、
かなりユニークな形状にトライしたものやはりDUCATIでした。

そして今回紹介するのはDUCATIの新空力デバイスです。

こちらです。

リアタイヤにエアロカバーが装着されています。

自転車などではよく見るタイプのホイールです。

フロントの方が空力効果が大きそうですが、
フロントブレーキの冷却ができなくて別の問題が浮上しそうです。

いずれにしてもこのホイールカバーも未来のトレンドになるかもしれません。

DUCATIがチャレンジャーらしく色々なアイディアを実戦投入してくるのは
素晴らしいことですね。

今回の画像はSBKのものなので、
MOTO GPでも同様のトライがあるのか興味深いものです。


2015MotoGP?MotoGP?クラス年間総集編 [DVD]




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事