Googleイチオシ記事


3輪、あるいは4輪のLMW(リーニング・マルチホイール)の世界感を盛り上げている
YAMAHA(ヤマハ)。

ベビーカーの前輪をリーンさせ、その有効性を映像で表現しており、
それはないだろーという印象を受けていたわけですが、、、

打って変わってもう少し真面目なLMW(リーニング・マルチ・ホイール)の活用事例が
なんとパテントで出てきました。

こちらです。

まずはパテント図をご覧ください。

前から見るとTRICITY(トリシティ)ですが、
横から見るとまるでキックボードのようなスタイルです。

後輪のサイドにまさに足を置くようボードがありますよね。

駆動方式もこのスタイルから考えるとエンジンではなく、
電動モーターが採用されるものと思います。

このモデル最初はバイクのようなものかと考えましたが、
公道を走るモデルというよりは、立ち乗りして自由な移動を実現するモビリティー
例えばセグウェイのようなモデルなのではないかと思われます。

これまでのヤマハのLMWのパテントの量、対外的な映像発信を見ていると、
やはり本気感を強く感じます。

今後の動向に引き続き期待したいと思います。


ヤマハ トリシティー125 PERFECT GUIDE (Motor Magazine Mook)




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事