Googleイチオシ記事




アキバを染めたライムグリーン

2019年1月12~13日、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で、『2019 カワサキモーターショー in 東京秋葉原』が開催されました。

都内もかなりの冷え込みになったにもかかわらず、流石は情報の発信地「秋葉原」。

外国人観光客も足を止め、老若男女を問わず、非常に多くの人々が最新のバイクの美しさに興味を惹かれていました。

この日の会場には、

・日本初公開となるW800 CAFE

・Ninja H2 CARBON

・Ninja H2 SX SE+

Ninja ZX-10R SE

Ninja ZX-6R

VERSYS 1000 SE

Z400

Z125 PRO

といった最新のマシンたちが大集結。

さらに、このうち緑字の5台が跨りOK とあって、

これらには夕方まで行列ができるほどの盛況ぶりでした。

バイクに吸い寄せられた人々の反応

会場に集まった人たちの声に耳を澄ませていると、

「カワサキっていうバイクメーカーが、なんかイベントやってるみたいだね」

と、何気なくバイクを見ながら通り過ぎる若いカップル。

「へー、今のバイクってこんなにカッコいいんだぁ」

と感心しながら足を止めて、バイクを子どもを乗せて写真を撮る家族連れ。

W800CAFEの前まで彼氏の腕を引っ張って、

「ねぇ、マジやばい、このバイクカワイイ!」

と、はしゃいでいる彼女。

中には、最新のZX-10R SEやZX-6Rに跨りながら、

「今はバイクに乗ってないけどさ、昔GPz900ninjaに乗ってたんだ、しっかしこれ凄いねぇ~!」

と興奮しきりの男性。

そして、仲間ととっかえひっかえバイクにまたがっては、嬉しそうに写真を撮りまくっている、バイク熱の高めの外国人観光客の姿も。

どの人も、バイクがそこにあることで、表情がわっと明るくなる様子が印象的でした。

「何でバイクイベントを秋葉原で?」

バイクイベントというと、ツーリングがてら遠くの街に出かけて行って、メーカーや用品店さんのブースを愉しんだりと、その多くはバイク乗りに的を絞ったものが一般的。

ライダーならば、都会のど真ん中でバイクメーカーがイベントを行うことを、不思議に思う方も少なくないと思います。

ここ秋葉原は、電気街でありアニメやアイドルの発信地。

お隣の上野であればともかく、バイクとは直接の縁をイメージしにくい街ですよね。

ともかく、会場前の歩行者天国を行き交う人々のほとんどは、バイクを目当てに歩いているわけではないのです。

まして、バイクといえば悲しいかな、「暴走族」・「死亡事故」といったネガティブイメージが一般的。

なので、こうして実際のバイクに触れてもらうことで、「バイクってそうそう悪いものじゃないんだね」というバイクの具体的なイメージを持ってもらえたらラッキーだと思います。

また、バイクにはあこがれているけど、様々な理由でバイクを所有するに至らない、いわゆる「断念ライダー」も数多いと言われる現代。

不意にバイクに触れることのできる機会に出会うことが彼らの背中を押して、もう一度バイクライフへの夢を持ってもらえるきっかけにもなるかもしれません。

さらに言えば、秋葉原は今や世界的な発信力を誇る街。

そのグローバルな拡散力にも期待を込めながら、「バイクの今」を発信しているわけですね。

こうして、日ごろバイクに興味のない人々が集まる街にメーカーが出かけて行って、道行く人に「バイクの本来の魅力」を何気なく体験してもらうのには大きな意義があるのです。

バイクの「マニア向けな存在感」はそろそろ卒業?

例えば、週末に大型のショッピングモールなどに行くと、4輪の販売店が出張展示販売をしていることがよくありますよね。

筆者も、車を買う気もないのに、新車のカッコよさに、なんだかついつい釣られて見に行ってしまうんです。

なので筆者はよく、

『こういうのって、バイクでもどこかがやらないかなぁ?』

と思っていました。

近年、その思いが通じたのか、筆者の近隣の街で、大型ホームセンターの中に大手のバイク用品店・販売店が並んでオープンしたんです。


 ↑ 2016年9月16日からコーナン相模原小山モールの2階にオープンしている
相模原2りんかん」と「バイカーズステーションSOX 相模原店

モール内でも、そこは駐車場から売り場へ向かうエレベーターホールそして・エスカレーターの踊り場という好立地。

ライダーの筆者としては、家族でアウトドア用品や家電を見に来たついでに、バイクを用品を買ったりバイクを眺めたりできるので非常に重宝しています。

でも仕事柄、その店の前で展示されているバイクをたまたま見かけた家族連れ等が、

「バイクのこと良くわかんないけど、何だかこれってすごくカッコいいね!」

といった話をしている姿を見かけると『よくぞここにバイク屋さんがあってくれた』と思って本当にうれしくなるんですよね。

こうやって何気なく行きかう人の目に触れて、多くの人の興味をそそるものになっていくのは良いことです。

恐らくバイクはもう、「マニアックな存在感」を卒業するべき時期に来ているんでしょうね。

今後も増える?都市型バイク体験イベント

実は今回の取材中、会場をちら見して、「跨がるだけじゃ何にもなんないよ」と言いながらつまらなそうに、通りを去っていく人のつぶやきを聞きました。

しかし「体験しないことには何も語れないよ」というのが正解。

ライディングポジションを見るだけでも「なるほど」と思える発見がたくさんあるものです。

恐らく、その発見はライダーだけでなく、むしろバイクに触ったことのない人の方が新鮮にときめく体験になるはず。

BikeJIN祭りなど読者イベントを多数開催してこられた、枻出版取締役で同誌プロデューサーの埜邑博道氏も、昨年8月に開催されたバイクラブフォーラムの中で、

「これまで地方でやってきたバイクイベントを、そろそろ都市部でも開催したい。」

とおっしゃっておられました。

多くの人にバイクを体験してもらうべく、他のメーカーや用品店・メディアの方でも、今後はこうした都市型体験イベントにも力を入れていく構えです。

まずは今回お伝えしている「カワサキモーターショー」が、この後名古屋・福岡に場所を移して開催予定。

場所や日時など詳しくは関連記事の中にご案内がありますので、お近くの方は是非これをご参考にしていただいて、足を運んでみてくださいね。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事