インスタバイク女性ライダーkanae「X-ADVキャンプミーティング」
Googleイチオシ記事

皆さんこんにちは。kanaeです。
先日、X-ADVキャンプミーティングが開催され私も参加してきました。

X-ADVは2017年に発売された新しいカテゴリーのスクーターです。
未舗装の道も走れるアドベンチャータイプでもあり、DCTでメットインもあり、キャンプにも適したバイクだと思います。まだあまり見かけないバイクかもしれませんが、X-ADVミーティングが過去に何回か開催され参加する事で、仲間も増えて来ました。
今回も仲間に会えるのが楽しみでした。

開催場所は、長野県にある鹿峰高原キャンプ場です。標高1800mの高原キャンプ場で、8月でも夜は10度以下になるとのこと。
頂上の展望台からは360度景色が見渡せます。南アルプスの東駒ヶ岳、反対側には中央アルプスが一望できます。
夜は流れ星や天の川が高確率で見られるとのことでしたが、私達がキャンプ泊した日は満月。お月様がとっても明るくて星は見られませんでした。それでも澄んだ空気とまん丸お月様が美しかったです。

キャンプ場までの道はクネクネ。

山道を登るほどに濃い霧が立ち込めます。
さっきまで青空が見えたのにとても不思議です。
山頂に着く頃にはほとんど周りが見えなくなりました。こんな霧の中を走るのは初めてです。
オートサイトを予約していたのですが、砂利道を数百メートル進んだ場所にあるとのこと。
嘘でしょ……。
こんな霧の中で砂利道を走るなんて…。

「X-ADVだから大丈夫」と、先導の方は先に進んで行きました。私も慌てて着いて行きます。
「こわすぎる」大した事ない砂利道でも、数百メートル先か見えないことで不安が倍増しました。
「X-ADVは未舗装の道でも大丈夫」と声に出して言い聞かせ、あとは自分のバイクを信じます。
こんな所で絶対転ぶものか!!
砂利道はSモードで走行するとアドバイス頂き普段使わないボタンをポチっ!確かにバイクが安定しました。
何とかオートサイトに到着した頃には、徐々に霧も晴れてきました。

夜はお楽しみの
皆で焚き木を囲んでの夕食です。

参加者の方はキャンプ歴の長い方が多く、全てにおいて手際がいい!
それぞれの焚き火台に火を付けて、その上で料理をしたり温めたりしてみんなでシェアしました。
私も自分のテーブルで椎茸とソーセージを焼きました。岩塩とバターで焼いた椎茸がいい香りです。
ソーセージはちょっとお高い美味しいものを購入したので、焼けば間違い無く美味しいですね!

梅酒と、焼きしいたけと、誰かが焼いたお肉が相性ぴったりです。

平日と言うことで私達以外にほとんど人がいないのもあり、ゆっくりお話し出来ました。
X-ADVのある生活をお互いが語り合います。
数あるバイクの中で同じバイクを選んだ仲間と同じ時間を共有出来るなんて感慨深いです。
オーナーさんは比較的ベテランライダーの方が多いので皆さんのお話はバイクの楽しみ方の参考になりますね。

X-ADVってDCTでスクーターで、走ってて飽きるんじゃない?と聞かれる事がありますが、そんなことありません。
走り出しの早さは以前乗っていたFZ1fazerよりも速く感じますし、ちょっとした未舗装路や悪天候でも力強く安定して走ります。個人的意見ではありますが、いくつもバイクを乗り継いでこられた方が多く所有し楽しんでいらっしゃるのを目の当たりにすると、まだまだX-ADVの楽しみ方は深いと感じます。
キャンプの夜にそんな話を聞きX-ADVがまた好きになりました。

翌日は更にX-ADVが集まりみんなでソースカツ丼ランチです。食事処 志をじ さんへ。
店内にはフィギュアや豚の置物がいっぱいです。
ソースカツ丼以外にも手作りケーキもありユニークです。友人と、ミニミニ、小、中 と違うサイズを頼みましたが中だとカツがどんぶりからはみ出るボリュームです!

美味しく頂きました。
私はここで帰路に向かいます。連泊する方はこれから夜のご飯の買い出しに行きました。
皆さん本当にありがとうございます。
キャンプミーティング毎年恒例にしたいですね。

車種に関わらず、同じバイクを好きな仲間がいるっていいですね。X-ADVに限らず自分と同じようにバイク好きな方と出逢えたら嬉しく思います。

キャンプって楽しいですね、
モーターサイクルナビゲーターで記事を書いいらっしゃる、コニタンさんのキャンプの記事が、
キャンプ初心者の自分としてはとても気になります^-^次回の記事も楽しみです。

私も来週キャンプの予定があるんです。
晴れてー!!

今回も読んでくれてありがとうございます。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事