Googleイチオシ記事


ドイツにあるニュルブルクリンク 北コース ノルトシュライフェ。

一周20km以上、高低差300m以上と言うことで、
世界有数の過酷なコースであり、特に四輪メーカーには自動車を鍛える場として使われてきた。

一周のラップタイムは数千万級のスーパーカーで7~8分。

LEXUS LFAが7分14秒

NISSAN GTRが7分8秒だったりするが、

いずれもニュル専用チューンした車両であったはずです。

ストックだとGTRも7分24秒ではないでしょうか。

そんな聖地ニュルブルクリンク 北コースを
ほぼストックのBMW S1000RRで駆け抜けている映像がコチラ!

記録は7分23秒!!!

バイクも速いのね☆

車体の性能ももちろんですが、
ライダー腕要素も相当ありそうです。。。

近年ニュルでの事故も少なくないので、
なんとか安全にコース活用できるようなアイディアが今望まれているような気がします。

ドイツを訪れた際には是非立ち寄ってみましょう♪

コメントを残す

関連キーワード
  • BMW ボクサーエンジンに可変バルブ導入か?
  • BMW S1000RR モデルチェンジ新型情報!
  • これぞ新しいサイドカーのスタイル!
  • アメリカ白バイの驚きの訓練風景がこれだ!
  • BMW 電動2輪ボード X2 Cityを公開!
  • BMW G310Rベースのスーパースポーツ「HP1」コンセプト!
  • BMW Concept Link を公開!
  • SUBARU(スバル)エンジンでバイク作るとこうなる!
  • ニュルブルクリンクでバイクが車にぶつかると、、、
  • BMW カーボンフレームのHP4を正式公開!
  • BMW F900GS スパイショット!
  • BMW R1200GS xDrive ハイブリッドはエイプリルフールネタでしょう。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
MOTO GP
// 二輪だけではなく四輪の腕前も確かなことで知られる バレンティーノロッシですが、なんと愛車で事故をしてしまったようです。 ...