YAMAHA

YAMAHA SCR950 Scrambler 正式公開!!



まずは、あれこれ語るよりも映像をご覧ください。

またしてもスクランブラーモデルの登場です。

そして今回のYAMAHA SCR950 Scramblerは排気量が大きめで、
ビッグサイズのアメリカンクルーザーに乗っていた方の乗り換えも
かなり増えるんじゃないのかなぁと思ったりもします。

文句なくかっこいいです!

こちらです!

いかがですか?

ヤマハ(YAMAHA) チューニングフォークキーホルダー YAK09 ブラック 90792-AA090
BOLT/XV950のプラットフォームをうまく活用したスクランブラーモデルですね。

プラットフォーム活用ということで、
エンジンも同じく空冷60度Vツイン942cc。

5速トランスミッションに、
レトロオーソドックスなダブルクレードルスチールフレーム。

41mmフロントフォークを装備し、
Rrは別体タンクを備えたツインサスペンションです。

カラバリは映像から察するに2色で、
ブラック基調とレッド基調ですね。

いずれもシックで派手過ぎなく良い感じです。

これは売れるでしょうね。

アメリカで7月から販売と言うことで、
車両価格は$8,699です。

え!? そんなに高過ぎない設定もなんとも魅力!!

それにしても最近魅力的な新車をたくさんリリースしてくるYAMAHAさん。

秋に向けてこのままどんどん快進撃を続けて言ってほしいですね。

プラットフォームを流用しながら、
メーカー都合が見えにくく、安っぽくならないところがすごいなぁ。

2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_35 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_36 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_37 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_38 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_39 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_40 2017-yamaha-scr950-scrambler-revealed_41

部品流用をおこなうとなぜか安っぽく見えてしまうバイクって多いですもんね。

実機の日本導入に期待しましょう。


ヤマハスポーツバイクのデザイン50年


関連記事

  1. DUCATI 自転車 を2016ラインナップに追加!!
  2. BMW 直6のネイキッドを開発中か!?
  3. HONDA 新型 GOLDWING GL1800(ゴールドウイン…
  4. KAWASAKI Ninja H2R プロモ 映像 カッコよすぎ…
  5. MOTO GPウイングレット禁止のSUZUKIの対策
  6. YAMAHA R6 コンセプト画像がこれだ!
  7. アフリカツインのエピソード映像第3弾!!
  8. KAWASAKI 電動スーパースポーツ の可能性!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP