Googleイチオシ記事

ライバルYamahaに比べてHondaが遅れ気味!?

Yamaha(ヤマハ)はYZF-R6も2016年に新型にフルモデルチェンジを果たし、
1000ccのフラッグシップYamaha(ヤマハ) YZF-R1と

600ccのミドルスポーツのモデルの世代交代が一度完了したように見えます。

(記事はこちらをクリック!)

更にはYZF-R1に関してはハイパフォーマンスモデルのR1Mもラインナップし、

JSB、WSB、鈴鹿8耐などのレースシーンでの活躍も目立っています。

 

その一方でHonda(ホンダ)は新型CBR1000RRのモデルチェンジをしたものの、
フレームやエンジンの骨格は前モデルと変わらないことが判明し、
いまいち話題性にかける結果となっています。

恐らくHondaが気合を入れて開発したモデルですから、
良い仕上がり、バランスとなっていることは間違いないとは思います。

(記事はこちらをクリック!)

新型CBR600RRはどのように変化する?

ここでひとつ忘れてはいけないのが、
新型CBR600RRの存在です。

 

フルモデルチェンジの気配があまりない中、
今回はとても興味深いニュースが届きました。

それがこちらです!(ソース)

パテントが出ています。

CBR600RRをベースとして機能説明図面を描いています。

この事から新型CBR600RRの内容かもしれないし、
はたまた機能説明の図面の為だけにたまたま量産モデルのCBR600RRを持ってきたのかもしれません。

一見すると特徴的な変化点のなさそうなCBR600RR。

このFig2のパテント図はRVF1000のパテントではないか!?

と言われたものと同一ですね。

Honda(ホンダ) 新型RVF1000 V4スーパースポーツ最新情報まとめ
2017-02-23 22:29
// CBR新型モデルが好評のHonda(ホンダ) 今回はHonda(ホンダ)RVF1000について書きたいのですが、 一度現在のHondaのスーパースポーツラインナップであるCB...

より詳細なエアインテークの図面があるのが特徴的です。

CBR1000RR,CBR600RR,RVF1000にかかわらず全てのスーパースポーツ構想の

共通したエアインテーク構造なのかもしれません。

ターボやスーパーチャージャーは装着されるのか?

Honda(ホンダ)新型CBR600RRはいよいよターボやスーパーチャージャーが来るのではないか、
とか様々な憶測が飛び交っていたので、
実際のところはまだ分かりません。

ただこのようなリアルなパテント図が流出したことは
非常に興味深いですね。

じっくりとパテント図を見てみると、
過給器系の描写はなく、あくまで吸気側のみの効率UPのパテントのような気がします。

ラムエア加圧のような効果を得るためのカウルと一体になった空力パーツといったイメージです。

 

ST600など、600ccエンジンで戦うレースのベース車両としての役割もある

CBR600RRですから、やはり純正でターボやスーパーチャージャーの装着と言うのは

難しいのかもしれません。

新型CBR600RRの開発に期待!

量産モデルだとアドベンチャーモデルに人気が集まっている最近時ですが、
やはりスーパースポーツバイクが廃れてしまってはメーカーとしての威信問題です。

引き続き技術的にも、乗ってみても面白いスーパースポーツクラスが
盛り上がってくれることをバイク好きの皆さんで祈りましょう。

 

そもそもCBR600RRのエンジンはMOTO2クラスの共通エンジンとして採用されていました。

世界的なレースシーンにおいても非常に重要なエンジンであったわけです。

最新情報では、MOTO2クラスのエンジンはHonda(ホンダ) CBR600RRの直4エンジンから、

Triumph(トライアンフ)の直列3気筒エンジンに変更することも決まっています。

HondaがMOTO2エンジン供給終了。次はTriumphに決定。
2017-06-04 09:00
// Hondaファンにとっては少し悲しい事なのかもしれませんんが、、、 なんとレーシングスピリット前回のHondaがMOTO2のエンジン供給を2018年で終了し、 2019年から...

これに関しては、CBR600RRの新型開発に対して少し逆風なのかもしれません。

 

ただレース以外にも色々なところでCBR600RRのエンジンは使われてきました。

例えばこんなシーンでも。笑

100円入れて動くアレにCBR600RRのエンジン積むとこーなる。
2017-07-24 20:48
// 今回紹介するのは遊園地などによくあるアノ乗り物。 日本ではバッテリーカーとかコインカーと呼ばれ、 欧米ではバンパーカー(Bamper Car)と呼ばれているんですね。 バンパ...

やはり丈夫でカスタムしやすく、パーツも豊富で汎用性も高い。

CBR600RRのエンジンはそんなエンジンなのでしょう。

 

もちろんエンジン単体で語れる話ではないのですが、

我々があっと驚くような新型CBR600RRの開発と公開に期待したいですね。

関連キーワード
  • Honda(ホンダ) スーパーチャージャー Vツイン直噴エンジンを開発中!
  • BMW バイク同士が通信し合えるコネクテッドバイクを公開!
  • Honda(ホンダ) 新型CB1000Rが間もなく公開!
  • Honda(ホンダ)倒れない電動バイクを東京モーターショーで公開!
  • 女子ライダー亜梨沙の「サーキット走行のきっかけ」
  • 女子ライダー亜梨沙の「憧れの加藤大治郎」
  • バイク女子のんの「カブ女子キャンプツーリング」編
  • MOTO2中上貴晶 18年よりLCR Honda(ホンダ)からMOTO GP参戦決定!
  • Honda(ホンダ)新型CBR250RR KABUKI(歌舞伎)特別仕様が登場!
  • ホンダ 新型VTRのデザイン予測が秀逸!
  • バイク女子 シンガーソング"ライダー" AYA1000RR!
  • Honda(ホンダ)新型Gold Wing GL1800(ゴールドウイング)最新情報まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
HARLEY DAVIDSON
モーナビ好評の「 雪 でも バイク に乗りたい!!」シリーズ!! 今度はこれです! ハーレー! モーナビでは運営人の趣味からハーレーの記事は...
HONDA
世界中でファンの多いHonda CBRシリーズ。 ファン同士は仲間意識などが芽生えたりしてなかなか良いモノですが、 どうしても数が多いと自分...
レース
あータイヤってこんなに潰れんるんだぁ~。 サスペンションってこんなに動くんだぁ~。 そして、   あー鳥ってぶつかるんだぁ~。 あまり良い画...