Googleイチオシ記事


最近とても攻めたコンセプトモデルの公開が多いBMW。

生誕100周年の記念には次の100年後のバイクを描いてみたり。

100年後のバイクよりもよっぽど未来っぽさにあふれる空飛ぶバイクを公開してみたり。

そしてこのデザインスタディーがLEGOと共に構想されたものであるというのも意外です。

そして今回公開された「Concept LINK」というのがこちら。

近未来的なタッチパネルディスプレイ、車両とリンクしたライディングギア(ジャケット)など、
高いレベルのテクノロジーのアピールをしています。

デジタル社会における移動手段としての二輪車のデザインスタディーということですが、
あまり機能的に面白い内容は含んでいないですね。

デザインも次期型BMW Cシリーズのエッセンスが入っているのでしょうか。

これまでのCシリーズとは少し異なるローロングの直線基調デザイン。

いつものBMWの尖った攻めた発信と比較すると少しだけぼんやりしていると思わざるを得ません。

ただこれまでにも屋根付きバイクのC1など、実は面白いコミューター商品も出してきているわけですから、
今後のCシリーズの発展には大いに期待したいところですね。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事