Googleイチオシ記事

LツインといえばDucati(ドカティ)と言っても過言ではありませんよね。

日本勢が比較的多気筒のモデルで世界やレースを席巻したのに対して、
DucatiはL型もしくはV型の2気筒モデルがメインでした。

ところがMOTO GPのワークスマシンでは4気筒モデルで戦っていたのを
知っていた方も多いはず。

もちろんアイデンティティとして2気筒モデルを継続的に出してきた一方、
レースでは4気筒モデルでうまく戦いたい、という2面性がありました。

そして今回、レースモデルとまさに直結する市販スーパースポーツモデルでは、
ついにV4モデルの開発が公言されています。

実際に既にテスト車も走り、精力的にテストをおこなっている模様です。

そして今回はデザイン予想も出てきました。

こちら。

カッコよいんですが、Panigale(パニガーレ)そのものですね。

ただPanigale自体も最終仕様モデルのリリースが発表されたところですから、
うまくデザインも含めてV4スーパースポーツモデルに継承されていくのかもしれません。

恐らくDucati(ドカティ)が気合を入れて開発するモデルですから、
中途半端なデザインで出てくることは無いでしょう。

ここはひとつ期待して市販デザインの公開もしくはリークを待ちたいと思います。





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事