Googleイチオシ記事


免許を取って、バイクを買って、まだまだへたっぴだけどツーリングに行きたい!

そんなビギナー女性ライダーをペアツーリングに誘うなら、
ぜひとも配慮をしてあげて欲しいことがあります。

ベテランライダーには「えっ?!」と思われるようなポイントかもしれませんが、
ちょっと気をつけてあげるだけであなたの株が上がることは間違いなし。

「次もぜひ誘って」と嬉しいセリフが聞けるはず。

えっこんなに早く?休憩はこまめに取る

ビギナーは発進するだけでも緊張します。

バイクがふらつかないか、エンストしないか、順調にシフトアップできるか…。

発進してすぐに合流やカーブ、交差点などがあれば尚のこと。

心臓はドキドキ、バクバク。

手には汗をかき、喉はカラカラ。

走り出しは特にからだに余計な力が入っています。

ハンドルグリップも必要以上に強く握りしめ、
慣れない振動で指がしびれてしまいます。

なので、走り出してから最初の休憩は、
できるだけ早いタイミングでとってあげるのがgood!

びっくりするでしょうが、10分から15分、距離にすると、
5kmから10kmくらいで最初の休憩をとってあげましょう。

肩の力を抜いてクールダウンし、喉をうるおすためのブレイクタイムです。

そのときに、
「思ってたよりうまく走れてるよ」などと緊張をほぐしてあげる言葉をかけるのも効果的です。

ストレッチを一緒にしたり、暑さ、寒さの体感を確認し、
ウエアの調整をしなくてよいかも聞いてあげましょう。

2回目以降は1時間もしくは30kmくらいを目安に、
バイクを降りて休憩できるようにしてあげましょう。

疲れがたまらないうちにこまめな休憩をとるのがコツです。

女性は男性よりも非力です。

ましてやビギナーライダーは疲れやすいと心に留めておいてください。

彼女が自分から「トイレ」と言わなくてもいいように配慮してあげるのもポイントが高いです。

走り出しは要注意!彼女のタイミングも考慮して

休憩後のスタート時にもぜひ気をつけていただきたい点があります。

初心者は、ヘルメットをかぶって、
グラブをはめて…といった一連の装備に思った以上に時間がかかります。

彼女があせらないですむように、ゆっくり待ってあげてください。

また、パーキングからの方向転換が苦手な女子は多いです。

最初から手を出す必要はありませんが、難しそうだと思ったら、
ちょっと助けて欲しいのがホンネです。

特に駐車率が高く、混雑しているパーキングエリア内や、
傾斜がついている場合には、ひと声かけてあげるだけで、
先輩ライダーの株はグッとあがります。

休憩後の走り出しは特に要注意です。

自分と彼女の二台ともが発進できるタイミングをじっくり待ってください。

自分だけが発進できても、彼女が発進できず、残ってしまうようではNGです。

休憩ポイントとして多用されるコンビニなども、
信号などで出やすい位置にあるところを選んであげましょう。

特に交通量の多い道路での発進は、後続車の切れ目を見て出なければいけないため、
ビギナーにはストレスがかかるところです。

安心して出られる配慮をしてあげてください。

バックミラーの中にいつも彼女を

もちろん先行は先輩ライダーです。

彼女にはバイク操作に専念してもらうため、ルートの不安まで持たせてはいけません。

バックミラーでいつも姿を確認しながら走ってあげてください。

ミラーの中で、彼女の姿が小さくならないように気をつけましょう。

ビギナーは遅れると、先行車についていかなくては…とあせってしまいます。

彼女に「置いていかれるかも」という不安を与えないよう、スピードにも配慮が必要です。

言わずもがなですが、分岐ではウインカーは早めに出し、
彼女が対処しやすいようにしてください。右折にドキドキするビギナーは多いはず。

頭の中でシュミレートできる時間があると嬉しいです。

もちろん右折後、彼女がついてこれているかチェックしてくださいね。

またライディングフォーム等をミラーで確認して、
疲れが見えるようなら早めに休憩を入れましょう。

ランニングペースはあくまでも彼女優先で決めてください。

先行車について走るのに慣れた頃に、
「ちょっと前を走ってみる?」と聞いてあげるのはgoodです。

ただし彼女がルートを知っているならですが

楽しい思い出プリーズ!

頑張って走って「しんどかった~」という思いだけが残ると、
次にバイクに乗るのが億劫になります。

一生懸命、後ろをついて走って「なんか背中ばっかり見てた」では楽しくないですよね。

バイクを「怖い」から「愉しい」に替えるツーリングにして欲しいところです。

そのためには、目的地でおいしいものを食べるなど、しっかり楽しむことが大切です。

彼女がバイクにまたがっている写真を撮ってあげるなどのサービスはポイント高いです。

以上、ビギナーにしっかり配慮したエスコートで「また連れて行ってください」のひとことが聞けるはずです。

女性に優しい先輩ライダーの皆様、ご健闘をお祈りします。


ツーリングノウハウ100




コメントを残す

関連キーワード
  • 北海道ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • 関東ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • 東北ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • 四国ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • 中国地方ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!
  • 九州ツーリングの名所5選! ランキングまとめ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

  • DUCATI
    DUCATI(ドカティ) Scrambler1100(スクランブラー1100)がリーク!
    2017年11月05日
  • YAMAHA
    ヤマハTenere700(テネレ700) / 新型XT1200ZE Super Tenere Raid Edition(スーパーテネレ)正式公開!
    2017年11月07日
  • DUCATI
    DUCATI X Diavel 正式公開!! DUCATIが唱える新価値とは!?
    2015年11月18日
  • BMW
    BMW R nineT Scrambler が公開!!
    2015年11月16日
  • KAWASAKI
    KAWASAKI(カワサキ) Z900RS ついに正式公開!最新情報まとめ!
    2017年11月07日
  • KAWASAKI
    Kawasaki(カワサキ)東京モーターショー2017出展内容・見どころまとめ!
    2017年11月06日
  • 2ストローク
    なんと 2スト スポーツ がミラノショーで公開か!?
    2015年11月14日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) 新型CB300Rを公開! CB250Rとして日本導入に期待!
    2017年11月07日
  • YAMAHA
    EICMAでヤマハが動いた!2018年投入予定の新型バイクまとめ
    2017年11月27日
  • BMW
    BMW EICMA(ミラノショー)で発表の4モデル最新情報! K1600 Grand Amrica,F850/750GS,C400X
    2017年11月08日
  • KAWASAKI
    Kawasaki(カワサキ) H2 SX GTスーパーチャージャーツアラー公開!
    2017年11月07日
  • KTM
    KTM 790Adventure(アドベンチャー)最新情報
    2017年11月07日
  • DUCATI
    DUCATI ワールドプレミア映像をメーカーページで全て公開!!
    2016年01月26日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) EICMAで新型CB1000R公開!
    2017年11月07日
  • YAMAHA
    YAMAHA 最新モデルTDM900/FJ-09/MT-09 TRACERの画像を公開!!
    2015年08月22日
  • HUSQVARNA
    EICMAでオフ車の老舗ハスクバーナが見せたロードモデルのまとめ
    2017年11月23日
  • DUCATI
    Ducati(ドカティ)EICMAで公開した新型モデル全まとめ!PanigaleV4も!
    2017年11月06日
  • APRILIA
    Aprillia アプリリア RSV4 RRが公開!!
    2016年01月26日
  • MV AGUSTA
    MV Agusta 最新モデルDragster 800 RR 画像が公開!!
    2016年01月26日
  • DUCATI
    DUCATI 2016 新モデル ワールドプレミア をまもなく公開!!
    2015年11月16日
  • BMW
    BMW EICMA 注目モデルがわかる映像発見! BMW動向と日本メーカー考察。
    2015年11月18日
  • HONDA
    Honda(ホンダ) CB4 Interceter Concept(インターセプター)公開!
    2017年11月23日
おすすめの記事
BMW
バイクもブームや流行なんてものがよくありますが、 最近はまさにスクランブラーブームと言っても過言ではないと思います。 例えばYAMAHAには...
AUDI
今年一番の経済系ニュースといっても過言ではないかもしれません。 VW の排気ガス対策の不正ソフト問題。 モーターサイクルナビゲーターでは(あ...
モーターサイクル技術
パーソナルモビリティーで空を飛ぶという行為自体、 人類にとっては憧れの行為そのものですよね。 鳥のように羽ばたいて自由に飛べれば良いのですが...