Googleイチオシ記事


ツーリングはバイクの大きな楽しみのうちの一つですが、
持っていきたい物、必要な物は時代によって変化してきます。

一方、昔も今も変わらないものもあります。

ここでは、バイク歴30年のベテランライダーである筆者が、
バイクツーリングに是非持っていきたいグッズを解説します。

インカム

これは現代ならではのグッズで、
Bluetooth(無線の一種)でヘルメットにつけた本体とスマホ等をつなぐ装置です。

ヘルメットにスピーカーを埋め込んでいるので、音楽を聴きながら走ることもできますし、
電話がかかってきたときに本体のボタンを押せばハンズフリー通話も可能です。

一度使ったら手放せない、非常に便利な、IT社会ならではのグッズです。

SYGN HOUSE(サインハウス) bluetoothインカム B+COM(ビーコム)

シガーソケット

ナビの電源を取る、USB充電器を接続してスマホの充電をしながらナビ代わりに使う、
ビデオ撮影の電源を取る等ができます。

今では、新車で既に装着されているバイクも増えています。

ただし電装品をつなぐ際には、バッテリーの負担にも注意しましょう。

胸部プロテクター

ツーリングにおいては、安全にも留意したいものです。

警視庁の統計によると、昨年中にバイク事故でケガをしたライダーの損傷部位は、
頭部と胸・腹部が大部分を占めています。

ヘルメットは今や装着率100%と言えますが、二番目にケガの多い胸部を守るプロテクターについては、
まだ広く認知されていないというのが現状です。

しかし衝突して投げ出された場合、背中あるいは胸を強打すると致命傷になる可能性があります。

万が一事故に遭ったとき、胸部プロテクターは非常に有効であることを知っておきましょう。

胸と背中を保護し、メッシュタイプで通気性の良いものも販売されています。

コミネ(Komine) 胸部プロテクター チェストアーマー

ツーリングマップ

「今や、ナビがあるのにマップ?」

と思われるかもしれませんが、ナビではどうしても表示範囲が狭くなってしまいますし、
例えば走っていて前方に見える綺麗な山の名前は? 近くの名所はどこ? という場合、
見やすさは地図にはかないません。

またバイク用ツーリングマップであれば、道幅が狭い、
秋から春は通行止めなどライダーにとって有用な情報が書いてあります。

ナビだけを頼りに走っていると、あとでコースを思い出せないということもあります。

このように紙のマップがあれば、現在位置や近くの情報を的確に得ることができ、
これらはナビではなかなか得られないものです。

ツーリングマップル 北海道 2017

ガムテープ

最後にあげておきたいグッズは、ガムテープです。

布製の丈夫なものがいいでしょう。

もしくは車両に長く貼り付ける時や、
跡が気になる時には養生テープが良いです!

養生用テープ 白 50mm×25M
用途は応急処置がメインとなりますが、
思いつくままに書いてみると、たくさんあります。

・荷物の固定
・レインウェアが雨漏りしたとの補修
・ウインカーレンズやカウルが割れたときの固定
・ロービームが切れたときライトの上半分に貼る
・寒い時期ラジエターに貼って過冷却を防止
・荷物の固定
・出血時の応急処置

などです。

いずれも遭遇したくない場面ですが、あると非常に助かるグッズです。

逆に言うと、私には無いと困るアイテムです。

このように、現代ならではのグッズ3点、昔から変わらないグッズ2点をご紹介しました。

これらを是非使用して、快適で安全なツーリングを楽しんで下さいね。

コメントを残す

関連キーワード
  • バイク女子のんの『ミステリーツーリング』編
  • バイク女子のんの「カブ女子キャンプツーリング」編
  • バイク女子 のん の「信州ツーリングレポート」
  • 女子ライダーまっちゃんの「ひとり旅のススメ」
  • 女性ライダーおすすめの夏ライディンググッズ5選!
  • ベテランに聞く!本当に必要なツーリンググッズ5選!
  • こんな配慮がうれしい!初心者女性とのペアツーリングのコツ!
  • 廃線ツーリング!線路の上を走る時は注意しましょう。
  • ロレンソがF1とMOTO GPチャンピオンのミュージアムをオープン!
  • タイ バンコクでバイクパーツを買うならプーンサップへ行こう!
  • バンコクモーターショーの女神達!?をまとめてみた。
  • 実録!バイク王攻略!中古バイクを売る!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
FORD
// ご存知、HONDAのモトコンポ! 随分と時が経った今でも、本当に素晴らしいコンセプトだったと私は思います。 昨年、BMWが現代版モトコ...