Googleイチオシ記事




オートポリスをバーチャルに攻める!

Kawasakiは、同社ホームコースであるオートポリスインターナショナルレーシングコースが、PS4用ソフトの『グランツーリスモSPORT』に追加収録されたと発表しました。

この『グランツーリスモSPORT』は、ポリフォニー・デジタルが開発し、ソニー・インタラクティブエンタテインメントより2017年10月19日に発売された、PS4用のリアルドライビングシミュレーターのこと。

1997年から実に20年以上続いているシリーズ作品で、全世界累計8040万本(2018年5月5日現在)を誇る作品です。

その中でも今回は、シリーズ初のオンライン専用ソフト。

2019年3月5日よりアップデート配信されました。

この『グランツーリスモSPORT』では、

「インターナショナルレーシングコース」

及び、ターン10を最終コーナーとした、

「ショートカットコース」

という2つのレイアウトが収録されていて、国内のサーキット収録としては、今回で4つ目のリアルサーキットとなります。

ちょっとその画像を見てみると…。


これはコントロールタワー付近からロイヤルルームを見たところでしょうか。


これはショートカットからターン10を見たところ。


そしてこちらがピット前ホームストレート。


これも同じくですね。


©2019 Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.
©2019 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

早速、NEWスープラで出撃できるようで、楽しそうです。 

ファミコンが64になって喜んでいた私の様な昭和のオジサンには、「ゲームですよ」と言われないとわからないこの画像クオリティー。

改めて時代を感じます。

実は、2019年9月にこの『グランツーリスモSPORT』は、

第74回国民体育大会

の文化プログラムとして開催される下記大会、


の競技のひとつとして、

採用されることが決まっています。

実際のサーキットの外でも、熱い戦いが繰り広げられるのですね。

また、これなら実際にサーキット走行をされる方にとっても、この『グランツーリスモSPORT』はイメージトレーニングに使えるかもしれません。

ケガなくオートポリスを思いっきり攻められる。

これは面白そうですよ!




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事