Googleイチオシ記事




あの「ライダーのための救護法」3月もやります!

2019年2月に、桑田幸二さんによる「ライダーのための救護法」という講座のお知らせをさせていただきました。

このお知らせをお読みになった方の数は驚くほど多く、救護法に対する関心の高さを再認識したところです。

しかしながら、開催日の2月9日、会場の宮ケ瀬湖畔は雪。

それでも多数お集まりいただいたわけですが、

「予定していたのに雪で行けなかった」

という方も多かったのではないでしょうか。

内容は記事にまとめましたが、やはり、救護法講習は体験することが一番。

ということで、次回救護法講座のお知らせです。

次回はリターンライダーに特化したテーマもありますよ!

ライダーのための救護法 3月開催日程
日  時 ;平成 31年 3月23日(土)
●転倒事故に遭遇したら!
13 : 00~13 : 30
●リターンライダーはなぜ転ぶ?
14 : 30~ 15: 30
 「鳥居原ふれあいの館(いえ)」会議室
参加費:   無    料
※自由入場、自由退場ですが、なるべく入場は開始時間を目安にしてください。
この講習会を主催され、講師を務められるのは、
桑田幸二さん
桑田さんは、元二輪レース団体のレスキュー隊長で、もともとは山岳救助隊で修行を積んでこられた方。

前回のライダーが事故に遭遇した場合の緊急対応に加え、今回は最近増加しているリターンライダーの事故をテーマに、

  • リターンライダーが転ぶのはなぜ?
  • 本当に転んでいるの?
  • 転ばないためには?

をテーマに考えていく時間も設けられています。

前回参加された方の中には、

「こんなにすごい内容なのに無料でいいの?」という声もちらほら。

確かにこれは、ライダーなら知っておくべき素晴らしい内容。


ここでしか聞けないお話もたくさん聞くことができると思いますので、お近くの方はぜひご参加ください。

皆様のお越しをお待ちしております。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事