Honda(ホンダ) CRF1000L 新型 AfricaTwin(アフリカツイン)の最新情報まとめ!
Googleイチオシ記事

ついにホンダから正式公開されました!

正式公開以降の情報はこちら!

Honda(ホンダ)公式ティザー第2弾で顔面公開!9/23に正式公開!

いよいよ、公式ティザー第2弾の公開です!!

目は丸いポディションライトが優し気な印象を与えていますが、全体的に精悍!

アフリカ大陸を使ったロゴマークも素敵。

ベースモデルとアドベンチャーモデルでロゴを使い分けているのかもしれません。

正式公開が9/23であることも明らかになっています!
楽しみすぎますね!

Honda(ホンダ)が CRF1000L New AfricaTwin(アフリカツイン)ついにリーク!

スタンダードモデルはより軽快な印象になっています。
リアキャリアも外れてかなりスポーティー。

アドベンチャーモデルの方がバランスが良い印象。
セールスが好調だった現行モデルのコンセプトを基本的に踏襲していますね。

気になるアフリカツインのスペックや装備品は?

並列2気筒エンジンの排気量は1084ccで、7500 rpmで101馬力を発揮。
現行の998ccエンジンでは94馬力となっています。

ミッションはMTおよびDCT(デュアルクラッチトランスミッション)。
スタンダードモデルでもアドベンチャーモデルでもMTとDCTを選択可能とのことです。

その他の詳細は明らかになっていない部分もありますが、電子デバイス系の充実が期待されています。

・クルーズコントロール
・制御を高度化したトラクションコントロール&ABS
・GOLD WINGと同様の大型TFTメーターとApple Carplay
・4眼ヘッドライトを活用したコーナリングライト

モノクロとは言え、デザインがリークしてしまった以上、Hondaは今後のティザースケジュールをどのように組みなおすのでしょうか?
いずれにしても続報追いかけます!

Honda(ホンダ)が CRF1000L New AfricaTwin(アフリカツイン)のティザーを公開!

以前よりフルモデルチェンジの噂が絶えなかったHondaホンダの人気モデルアフリカツイン。

先日、メーカーから公式ティザーが公開されました。

まずはご覧ください。

明確にアフリカツインというモデル名は出てきていませんが、”True Adventure”というフレーズが出てきています。

この”True Adventure”というフレーズは現行のアフリカツインが復活した時の、キャッチフレーズであり、今回のティザーがアフリカツインであることは明確です。

楽しみになってきましたね。

新型アフリカツイン、注目のデザインは!?

ご覧いただいたティザーではアフリカツインのデザインに関しては一切の露出がありません。

そこで大手の雑誌が公開しているデザインを見てみましょう。

ご存知ヤングマシンさんと、オートバイさんです。


ヤングマシン 2019年05月号(ご購入はこちら)


オートバイ 2019年3月号(ご購入はこちら)

改めて掲載された雑誌の表紙に載ったデザインを比較してみると、、、

基本的に両社ともデザインはキープコンセプト。

決定的な違いは目ですね。
ヤングマシンは丸目方向。オートバイはキリっと切れ目方向。

丸目というと初代モデルに近づく原点回帰傾向とも取れますが、LEDのポディションライトやプロジェクターライトと組み合わされた先進的なものになっていれば、かっこよさ倍増でしょう。

もちろん今後段階的にティザーの公開が重ねられるでしょうから、そこでデザインの詳細が明らかになることでしょう。

どちらのデザイン予想に軍配が上がるのか、楽しみですね。

スペック含めて情報追いかけます!




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事