Googleイチオシ記事


リコール続きでかなりの窮地に追い込まれているタカタ(TAKATA)

ご存知、品質問題をやってしまい、死亡事故と関連付いており、
大変厳しい状況。

自体を重く受け止めなければならないのは当然であるが、

日本人として海外で頑張る日本企業には生き残って欲しいし、

タカタ(TAKATA)が確かな技術力を持っていることは間違いないと私は思いますので、

明るめのネタをご紹介します。

ts_honda01
モーナビではこれまでバイク用の着るエアバッグを紹介してきました。

このジャンルに非常に興味がありますし、
これからも注目していきます。

四輪と違い、ライダーが外界に剥き出しの二輪では着るエアバッグが有効だと思いますが、
タカタはホンダと共同で車体側のエアバッグも開発しています。

メーカーHPによると

タカタが世界で初めて量産化した二輪車用エアバッグは、ガソリンタンク後部に搭載され、
前面衝突時にハンドルとライダーの間に展開し、ライダーが前に飛び出すのを受け止めます。

二輪車用エアバッグの容量は、車で一番大きい助手席用エアバッグに比べてもさらに大きなエアバッグです。
また、中央がくぼんだV字形状をしており、車体に固定する支持ベルトが付いているなど、
車に搭載されているエアバッグとは異なった特徴を持つエアバッグです。

ライダーの前方移動を瞬時に展開したエアバッグで受け止めることで、運動エネルギーを吸収し、
車や道路との衝突を軽減する(新しい)コンセプトのエアバッグです。

世界初の技術であり、四輪で培った技術を持ってしても二輪への適用は難しく、

技術的に苦戦したことでしょう。
確かな技術力を持ち合わせているはずのタカタ。

是非とも今回の事態を解決し、頑張って欲しいところです。


HONDA リコール危機の教訓 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS

コメントを残す

関連キーワード
  • MOTO2中上貴晶 18年よりLCR Honda(ホンダ)からMOTO GP参戦決定!
  • Honda(ホンダ)新型CBR250RR KABUKI(歌舞伎)特別仕様が登場!
  • ホンダ 新型VTRのデザイン予測が秀逸!
  • バイク女子 シンガーソング"ライダー" AYA1000RR!
  • Honda(ホンダ)新型GL1800(ゴールドウイング)の最新情報まとめ!
  • マルケスの速さの秘訣はこのトレーニングにあった!!
  • Hondaがシモンチェリを悼みCB1100をカスタムするとこーなる!
  • ラストモンキー!50周年スペシャルが500台限定販売
  • アメリカ白バイの驚きの訓練風景がこれだ!
  • マルケスとペドロサが芝刈り機でレースするとこーなる。
  • HondaがMOTO2エンジン供給終了。次はTriumphに決定。
  • 海外のカブ サーファー仕様がステキ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
KTM
// MOTO GP本格参戦をはじめ、レースシーンでは特に勢いに乗るKTMが、 お得意のアドベンチャーでも新モデル公開です! ...
面白ネタ
// ゴーストライダーと聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 仮面ライダーゴーストでしょうか? スーパースポーツで暴走する...