HONDA

頑張れリコール続きのタカタ!



リコール続きでかなりの窮地に追い込まれているタカタ(TAKATA)

ご存知、品質問題をやってしまい、死亡事故と関連付いており、
大変厳しい状況。

自体を重く受け止めなければならないのは当然であるが、

日本人として海外で頑張る日本企業には生き残って欲しいし、

タカタ(TAKATA)が確かな技術力を持っていることは間違いないと私は思いますので、

明るめのネタをご紹介します。

ts_honda01
モーナビではこれまでバイク用の着るエアバッグを紹介してきました。

このジャンルに非常に興味がありますし、
これからも注目していきます。

四輪と違い、ライダーが外界に剥き出しの二輪では着るエアバッグが有効だと思いますが、
タカタはホンダと共同で車体側のエアバッグも開発しています。

メーカーHPによると

タカタが世界で初めて量産化した二輪車用エアバッグは、ガソリンタンク後部に搭載され、
前面衝突時にハンドルとライダーの間に展開し、ライダーが前に飛び出すのを受け止めます。

二輪車用エアバッグの容量は、車で一番大きい助手席用エアバッグに比べてもさらに大きなエアバッグです。
また、中央がくぼんだV字形状をしており、車体に固定する支持ベルトが付いているなど、
車に搭載されているエアバッグとは異なった特徴を持つエアバッグです。

ライダーの前方移動を瞬時に展開したエアバッグで受け止めることで、運動エネルギーを吸収し、
車や道路との衝突を軽減する(新しい)コンセプトのエアバッグです。

世界初の技術であり、四輪で培った技術を持ってしても二輪への適用は難しく、

技術的に苦戦したことでしょう。
確かな技術力を持ち合わせているはずのタカタ。

是非とも今回の事態を解決し、頑張って欲しいところです。


HONDA リコール危機の教訓 週刊ダイヤモンド 特集BOOKS


関連記事

  1. KAWASAKI H2 スーパーチャージャー 製作映像公開!
  2. 2016 NEW BMW C650 公開!! また先進装備がつい…
  3. ツーリングバイク
  4. BMW K1600の直6エンジンネイキッドを開発中か!?
  5. 衝撃!YAMAHA R1 カスタムしてアドベンチャーに!
  6. なんと電動キックボードにマルケス公式モデルが登場!
  7. RC213V-Sの開発者インタビューがかっこいい!!
  8. デザインぱくりから一転! Honda Gold Wingが中国で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

  1. lonely planet

PAGE TOP