BMW

BMWの電気バイク戦略が分かる!?  電気ボクサーツインがすごい!!



バイクメーカーで4輪も同時に開発しているメーカーはその資本力や開発力を生かして、
新規分野にも積極的になる傾向があると思います。

日本でいえばHondaですが、
ドイツでいえばもちろんBMWがそのひとつです。

大きいメーカーは公的な車両で使われることが多く、
新規分野と公的な車両が組み合わさると、
以前紹介した

「スペインの警察車両として採用されているBMWの電動ビッグスクーター「C Evolution」」
(記事はこちらをクリック)

なんかが登場したりします。

BMWが電動車両にそれなりに力を入れていることが分かります。

更に驚いたのは完全にモジュール化して良そうな電動パワートレーン部分です。
BMW-C-evolution_4

こんな感じで、いかにも拡張性・汎用性が高そうなモジュール!!

そして今回新しく発表されたのが、「E-BOXER」
bmw_e-boxer_select1

中央にあるパイプフレームやスイングアームがはえている基の部分。

スクーターとE-BOXERで変わりませんね。

E-BOXERはモーターが2基搭載されているというこで、
ボクサー特有の左右方向の張り出しがありますが、
これに関しては少々演出的な部分もあるでしょう。

電動パワートレーンモジュールを共用化することでどんなメリットがあるのか!?

「どうせ部品共用によるコストダウンでしょ??」

もちろん正解ですが、
もっと壮大なBMWの野望を感じずにいられません。
あくまで自論ですが、

もし電動バイク市場が今以上に盛り上がった時に、
BMWはこの共通電動パワートレーンモジュールを使って一気にモデル展開を加速すると思います。

モジュールからはえるフレームや外装を変更し、
電動部分の出力などは特性変更をソフトメインで行う。

電動車両の新車開発を急展開することでイメージとシェアを奪っていく。

こんなストーリーを考えてしまうのです。

すぐに派生モデル作れそうです。

さぁ日本メーカーものんびりしていられません。

まだまだ途上の電動バイク界の世界規模の進化に期待しましょう。


関連記事

  1. YAMAHA NMAX 日本発売! PCX とどちらが買いか?
  2. DUCATI ワールドプレミア映像をメーカーページで全て公開!!…
  3. KAWASAKI Z1000SX 正式公開!
  4. 雪でもバイクに乗りたい! スキーとバイクのコラボレース笑
  5. DUCATI(ドカティ) プロジェクト1408で約840万円のバ…
  6. KAWASAKI Z1000 3輪バイク にするとこーなる。
  7. APRILIA がかなり臨場感溢れる スーパーバイク オンボード…
  8. 雪でもバイクに乗りたい。上級編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

PAGE TOP