Googleイチオシ記事


今年、というか近年大注目のスマートデバイス。

アメリカの家電&IT見本市 CES 2016 情報もかなり追いかけましたし、
バイクのIT化、IoTのバイクへの波及をかなり強く感じている今日この頃です。

CES 2016のバイク系一番の注目 BMW。

[link_preview]http://www.rock-tune.com/2016/01/06/4461[/link_preview]

[link_preview]http://www.rock-tune.com/2016/01/06/4466[/link_preview]
東京モーターショーに出品した MOTOBOT を更に進化させたYAMAHA。

[link_preview]http://www.rock-tune.com/2016/01/09/4498[/link_preview]
CES 2016ではバイクの目立った発表はなかったもの、
最新技術が待ち遠しいHONDA。

[link_preview]http://www.rock-tune.com/2016/01/07/4482[/link_preview]
ヘルメットメーカーだって頑張って、カメラ内蔵させています。

[link_preview]http://www.rock-tune.com/2016/01/07/4476[/link_preview]

 

そんな大盛り上がりのCES 2016ですが、
2015年に大注目を浴びて、今年更にバージョンアップした出展があります。
それが、「 GOGORO 」のスマートスクーターです。

GOGORO とは台湾のスマホメーカーHTCの元幹部が立ち上げたスマートスクーターメーカーです。

HTCといえば、最近時日本でも知名度が上がっています。

NEXUS9なんかにも採用されていますので、Googleの認めているハードメーカーであると言えるでしょう。

HTC Nexus 9 LTE ( Android 5.0 / 8.9inch IPS LCD / NVIDIA Tegra K1 / 32G / LTE対応 / nano SIM スロット / インディゴ ブラック ) 99HZJ004-00

さてそんな優秀なスマホメーカーがある台湾ですが、
何よりもまず知っておかなければいけないことがスクーターの多さ!!

行ったことのある人はご存知かもしれませんが、東南アジアでもトップクラスです。

トップクラスどころか、人口に対するスクーター保有率で考えると世界で一番多いとか。

このようなスクーター大国で誕生したのが GOGORO です。

GOGORO のスマートスクーターの特徴を一番表しているのがこちら。

バッテリースワップシステムです。

台湾では実際に100箇所近いバッテリー充電ステーションが存在し、
映像のように、バッテリーをスワップすることで、充電時間を減らし、
電動車両の大きなネガティブ要素の一つを解消しています。

今年になってから、よりスマートデバイスとの連携強化と、
充電システムの小型化や個人利用の推進が発表されました。

いかがでしょう。

車両価格は50万程度とこのサイズのスクーターにしては高価ですが、
2年間のバッテリー交換無料!
24時間ロードサービス無料!
が付帯しており、一概に高価とも言い切れませんね。

台湾は小さい島国ですから、
GOGORO のようなスタイルがハマル可能性は非常に大きいですね。

アムステルダムなどのヨーロッパでもこのシステムに興味を示しているようです。

日本ではどうでしょうね。

日本だって島国です。

良い意味でこの狭さを生かして、
大きなバッテリースワップシステムのプロジェクトを動かすことができるかもしれません。


Xiaomi ミニ スマート電動二輪車 バランススクーター 立ち乗り スマートLED レインボー 充電タイプ 防水

コメントを残す

関連キーワード
  • Bimota(ビモータ) EB1 concept 公開!
  • SUZUKI 独自のヘッドアップディスプレイを開発か?
  • KAWASAKI AIバイクのコンセプト映像を公開!
  • Vespa Elettrica おしゃれな電動スクーター公開!
  • ヤマハのすごく便利なパーツリストアプリを見つけた!
  • Samsung (サムスン) がバイク用 スクリーンディスプレイ を開発!
  • すごい性能の スマートヘルメット がまた登場!
  • 革新的な ヘルメット ワイパー の登場か!?
  • スマホ で バイク ! Brain One という データロガー が秀逸!
  • イタリアで 樹脂フレーム スクーター 登場!!
  • スマートバイク へつながるウインカー自動キャンセル装置が画期的!!
  • バイク も クラウド につながる時代です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
2006 RALLY JAPAN
// 今日は関東地方にカトリーナがやってきました! って感じでした。 愛用していた身長180~190?の人用の傘は見事に壊れ、 ...
MOTO GP
// Hondaから昨年正式発表されたX-ADV。 今までに無かったコンセプトのバイクで、 クロスオーバーを連想させる"X"や...
HONDA
// 親日で日本企業も多く進出していることから、 日本人にも人気の高いタイ。 一度行けば分かるバイク王国であり、 タイの人々...