Googleイチオシ記事


ユーザーの期待的にも、企業としてのセールス的にも快進撃を続けているBMW。

昨年にはBMWとしてはラインナップ最小排気量に位置する G310Rを公式公開しました。

インドのメーカーでインドで生産することで、
大幅にコスト削減を実施していると考えられるこのモデルですが、
勢いはコスト削減だけにとどまらず、、、

生産を担うインドのTVSからフルカウルのスポーツコンセプトまで飛び出しました。

 

恐らくインド国内でもお金持ちを中心にこの話題で盛り上がっているのでしょう。

今度は G310R のアドベンチャーモデルである「 G310GS 」が出ると大騒ぎ。

さっそくインドのバイクサイト RUSHLANEが予想図を作っています。

87836

まぁこんな感じでしょうね。

GSテイストを存分に残したまま、エンジン含めたコンポーネントを小型化していくのでしょう。

日本くらいの国土であれば、本当にアドベンチャー的な道を走りたい場合、
250ccくらいが本当は適したサイズなんだろうなぁ、とモーナビ運営人はいつも考えておりました。

BMWからそのようなサイズ感のモデルが出るということで、
これは日本メーカーものんびりしていられません。

迎え撃てるとしたらこのモデルあたりでしょうか。

HONDA CRF250 RALLY!

競争が激化すると、メーカーは大変だろうけど、
ユーザーはワクワクしちゃうよなぁ笑




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事