Googleイチオシ記事

生きた名車が集まる場所ホンダ コレクションホール!

バイク乗りなら一度は訪れるべき場所の一つ。

Honda Collection Hall(ホンダ コレクションホール)

美しい車両がずらりと並んでいるだけで素晴らしいのだが、
なにより素晴らしいのが、すべての車両がちゃんと動くように保存されている。

いわゆる動態保存というものです。

二輪と四輪は走ってナンボという本田宗一郎らしい考えですよね。

ただ「うちの車両は動きますよ」と言っているだけではない。

定期的にマジで走らせます。
(マジというのはそれなりのライダーを乗せてという意味)

250cc 6気筒レーサー RC166!

そんなコレクションホールで生き続けているマシンが
250cc 6気筒レーサーであるRC166。

そもそもこの聞きなれないRC166というマシンは、
250ccの空冷4ストローク6気筒で、年式はRC149などと同じ1966年製。

それまでの選手権はHondaは250ccでも4気筒モデルで勝利をおさめてきた。

ただ2ストロークマシンのレベルも上がってきており、高出力を搾り出すために、
エンジンの多気筒化で高回転化を目指したのがこのRC166と言うわけです。

名レーサーのマイク・ヘイルウッドがこのマシンを駆り、
1966年シリーズの世界GPで10戦全勝!
もちろんライダーはシリーズチャンピオン。Honda(ホンダ)もメーカータイトルを獲得。

翌年も勝利を量産したことにより、なんとレギュレーションでシリンダー数が制限!

Honda(ホンダ)は1967でGP参戦を休止した。

RC166の出力は60馬力以上/18000rpm、最大トルクは2.36kgm/17000rpm。
ということでレギュレーションを変えさせるほどの強烈な力を誇ったマシンというわけです。

そんなRC166。
冗談じゃなく音を聞いて鳥肌が立ったバイクです。

こちらをご覧ください。

下手な解説はいらないと思います。

名車です。

ただただ、この250cc 6気筒の音を楽しみましょう。

素敵だなぁ。


プラモデルなら買える!!笑




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事