Googleイチオシ記事


MOTO GP2016年シーズンにライダー達のバトル以外で賑わったことがあります。

そう、それはウイングレット!

特にDUCATIがウイングレットを多用し、
かつ一つ一つのウイングレットも大型化し、
毎戦ファンの目を楽しませていました。

そんな中、安全性の問題が指摘され、
2017年シーズンより禁止になったわけです。

MOTO GP 2017年よりウィングレット禁止決定!(記事はこちら)

2017年シーズンはどのチームもウイングレットを廃止するのかと思いきや、
まずはYAMAHAが工夫を凝らしたウイングレット内蔵カウリングを出してきました。

MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策(記事はこちら)

YAMAHAらしくデザイン性の高さも伺える2017年シーズンのウイングレット内蔵カウルでした。

そして今回はなんとSUZUKIもウイングレット内蔵カウルをテストしているという情報と画像が公開!

こちらです。

YAMAHAのマシンはカウル内のウイングレットが2枚なのに対して、
SUZUKIのマシンはカウル内にウイングレットが1枚で、
すこし横方向への張出量が多めです。

またYAMAHAの場合は再度カウルの拡張というイメージでしたが、
SUZUKIの場合はアッパーカウルにもつながっており、
やはり全体的により大胆なカウリングになっています。

オーストラリアでのテストも各メーカー順調にこなしておりますが、
実際のところカウル内蔵ウイングレット採用チームはほとんどないというのが実状です。

オーストラリア フィリップアイランドのテスト3日目のトップタイムの
YAMAHA ビニャーレスもウイングレット無しのマシンでトップタイムを刻んだようですし、
2,3位のHONDAもウイングレットを今のところ採用していません。

しかし、まだマシンの仕様も決定ではないでしょうから、
今シーズンの開幕までウイングレットの採用があるかどうかは分かりませんね。

サーキットごとにも相性があることは間違いないでしょうし。

個人的にはMOTO GPマシンにも空力的要素が入ってくると
新しいスタイルやデザインも検討されるし、
面白いですから楽しみではあります。

開幕まで目が離せません。

ついにレプソルホンダもMOTO GPマシン大胆カウルを公開!(記事はこちらをクリック)

DUCATI MOTO GPマシンに超斬新カウル投入!(記事はこちらをクリック)



GSX-S KATANA伝説 (DVD付き)

コメントを残す

関連キーワード
  • MOTO2中上貴晶 18年よりLCR Honda(ホンダ)からMOTO GP参戦決定!
  • MOTO GP ヤマハも新型カウルを採用!
  • MOTO GP DUCATI(ドカティ) ついに新型カウル投入!
  • マルケスの速さの秘訣はこのトレーニングにあった!!
  • Hondaがシモンチェリを悼みCB1100をカスタムするとこーなる!
  • マルケスとペドロサが芝刈り機でレースするとこーなる。
  • DUCATI カーボンフロントフォークをテスト!
  • HondaがMOTO2エンジン供給終了。次はTriumphに決定。
  • ニッキーヘイデン 交通事故で死去
  • MOTO GP 2019年から電動クラスを追加か!?
  • KTMのMOTO GPマシンのカウルにも変化が、、、
  • ついにレプソルホンダもMOTO GPマシン大胆カウルを公開!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます。
BMW
世界的にも貴重な二輪も四輪もやっているメガメーカーであるBMW。 もちろん日本にはHONDAとSUZUKIがいますけどね。 BM...
未分類
// 3週間 5900キロ お世話になった人は数知れず。 生きて帰ってきました! これにて目標達成☆ 色々片付けて、追々、思...