MOTO GP

MOTO GPウイングレット禁止のSUZUKIの対策



MOTO GP2016年シーズンにライダー達のバトル以外で賑わったことがあります。

そう、それはウイングレット!

特にDUCATIがウイングレットを多用し、
かつ一つ一つのウイングレットも大型化し、
毎戦ファンの目を楽しませていました。

そんな中、安全性の問題が指摘され、
2017年シーズンより禁止になったわけです。

MOTO GP 2017年よりウィングレット禁止決定!(記事はこちら)

2017年シーズンはどのチームもウイングレットを廃止するのかと思いきや、
まずはYAMAHAが工夫を凝らしたウイングレット内蔵カウリングを出してきました。

MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策(記事はこちら)

YAMAHAらしくデザイン性の高さも伺える2017年シーズンのウイングレット内蔵カウルでした。

そして今回はなんとSUZUKIもウイングレット内蔵カウルをテストしているという情報と画像が公開!

こちらです。

YAMAHAのマシンはカウル内のウイングレットが2枚なのに対して、
SUZUKIのマシンはカウル内にウイングレットが1枚で、
すこし横方向への張出量が多めです。

またYAMAHAの場合は再度カウルの拡張というイメージでしたが、
SUZUKIの場合はアッパーカウルにもつながっており、
やはり全体的により大胆なカウリングになっています。

オーストラリアでのテストも各メーカー順調にこなしておりますが、
実際のところカウル内蔵ウイングレット採用チームはほとんどないというのが実状です。

オーストラリア フィリップアイランドのテスト3日目のトップタイムの
YAMAHA ビニャーレスもウイングレット無しのマシンでトップタイムを刻んだようですし、
2,3位のHONDAもウイングレットを今のところ採用していません。

しかし、まだマシンの仕様も決定ではないでしょうから、
今シーズンの開幕までウイングレットの採用があるかどうかは分かりませんね。

サーキットごとにも相性があることは間違いないでしょうし。

個人的にはMOTO GPマシンにも空力的要素が入ってくると
新しいスタイルやデザインも検討されるし、
面白いですから楽しみではあります。

開幕まで目が離せません。

ついにレプソルホンダもMOTO GPマシン大胆カウルを公開!(記事はこちらをクリック)

DUCATI MOTO GPマシンに超斬新カウル投入!(記事はこちらをクリック)



GSX-S KATANA伝説 (DVD付き)


関連記事

  1. YAMAHA MT-03 のヨーロッパ向けティーザー映像公開!!…
  2. KTM 790 DUKE プロトタイプを公開!
  3. DUCATI スーパースポーツ系新コンセプトバイクの発表間近か?…
  4. 新型DUCATI MULTISTRADA(ムルティストラーダ)1…
  5. スーパーカーと バイク の おもしろCM!!
  6. これはすごい! 4輪スクーター Quadro 4 が正式公開!!…
  7. MT-07 の ダートラ マシンがかっこいい!!
  8. 2ストレーサー MMX500 マン島TT ライダーが決定!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Googleイチオシ記事

友だち追加

Googleイチオシ記事

ツーリングしよう

  1. lonely planet

PAGE TOP