Googleイチオシ記事


思わぬ形でかなりの盛り上がりを見せている2017年 MOTO GPシーズン前の、
新カウル合戦。

そもそも2016年にDUCATIがかなり大胆なウイングレットを
たくさん付加させたのをきっかけに各メーカーのウイングレット合戦が勃発。

MOTO GP 2017年よりウィングレット禁止決定!(記事はこちら)

最終的にはどのメーカーもウイングレットを付けていました。

2017年プレシーズンテストではまずYAMAHAが控えめな内蔵ウイングレットを公開!

MOTO GPウイングレット禁止のYAMAHAの対策(記事はこちら)

するとSUZUKIが少し大胆なフロントカウルからサイドカウルにかけての
新カウリングを公開!

MOTO GPウイングレット禁止のSUZUKIの対策(記事はこちら)

そして元祖ウイングレットのDUCATIが、「これでどうだ!」
と言わんばかりのフロントカウルを公開!

DUCATI MOTO GPマシンに超斬新カウル投入!(記事はこちらをクリック)

これは欧州では「ハンマーヘッドシャーク」だと言われ騒がれています。

そして、頑なに今シーズンのウイングレット採用を拒んできたかのようにも見えた
Repsol Honda(レプソル ホンダ)がここに来て動きました。

他のメーカーに比べると元々のカウルに付けて暫定的に効果をテストするようなパーツに見えます。

SUZUKIの形状と近しいですね。

ただマルケスのテストでの転倒などもあり、
あまり良いフィールは得られなかったようです。

結局、内蔵ウイングレットの無い元のカウルに近いモノに戻っているようです。

Repsol Honda(レプソル ホンダ)は元のカウルに戻したわけですが、
DUCATIは大胆カウルのテストを続けており、
今シーズンはシーズンの途中でめまぐるしくカウルの形状が変わるかもしれません。

DUCATIの新カウルを見ると、少しだけ複雑な気持ちになりますが、
新しいマシン形状を検討する幕開けなのかもしれません。

各メーカー開幕戦にどんなカウルで臨むのか、
まずはそこから注目するとしましょう。


2015MotoGP?MotoGP?クラス年間総集編 [DVD]




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事