Googleイチオシ記事

東京モーターショーでコンセプトの紹介があったHonda(ホンダ)CB1000RがついにEICMAで公開!

Honda(ホンダ)CB1000Rと言えば、往年の名車でありながら全モデルはエッジの効いたストリートファイターモデルでした。
今回のEICMA(ミラノショー)フルモデルチェンジしました。

東京モーターショーでのCB1000Rのコンセプトモデルも斬新でした。

コンセプトが表現していた新しさや美しさをうまく残したまま、うまく市販モデルにしているなぁという印象ですね。





マシンの気になる部分は!?

まず気になるエンジンですが、先代モデルの123.4馬力から143.5馬力に引き上げられています。
圧縮比も0.4上がり、11.6:1ということで納得ですね。

車両重量も12kg軽くなってより軽快感が増している事でしょう。

シフトアシストとスリッパークラッチも装備し、懐の深さも見せながら、ライディングモードも4モード備えています。

スチールでありながら軽量なモノバックボーンフレーム。
ショーワ製倒立フロントフォークはテンション/コンプレッションの調整機構を装備。
フロントブレーキは、ラジアルマウント4ポットキャリパー。リアには256mmディスクのツインピストンキャリパーがあり、もちろんABSが標準装備されています。
リアタイヤが180から190になったのも大パワーの受け止めのみならず、デザイン的にも注目すべき点ですね。

詳細スペックは!?

エンジン
Type 水冷 DOHC 直列四気筒
気筒数 4
排気量 (cm³) 998cc
ボア×ストローク (mm) 75mm x 56.5mm
圧縮比 11.6:1
最大出力 143.5 bhp @ 10,500rpm
最大トルク 104Nm @ 8,250rpm
燃料系
噴射系 PGM-FI
タンク容量 16.2 litres
燃費 48.6 mpg (ヨーロッパ表記)
電機系
スターター 電気式
バッテリー容量 12V/8.6AH
駆動系
クラッチ 湿式多板式
トランスミッション 6-speed
伝達 チェーン
フレーム
タイプ スチールモノバックボーン
シャーシ
ディメンジョン (LxWxH) 2120mm x 789mm x 1095mm
ホイールベース 1455mm
キャスター角 25 degrees
キャスタートレール 100mm
シート高 830mm
最低地上高 135mm
重量 212kg
サスペンション
フロントサスペンション Showa SFF-BP USD フォーク
リアサスペンション Showa BRFC (Balance Free Rear Cushion)
ホイール
フロントホイールタイプ アルミキャスト
リアホイールタイプ アルミキャスト
フロントタイヤサイズ 120/70 ZR17
リアタイヤサイズ 190/55 ZR17
ブレーキ
ABS システム フロント・リア2 channel
フロント 310mm ダブルディスク
リア 256mm シングルディスク
メーター、エレクトロニクス
メーター LCD
ヘッドライト LED
テールライト LED

CB1000Rが正式公開後も様々なコンセプトモデルの拡がりや派生モデル展開に期待したい!

これまでもマルコ・シモンチェリに向けた美しいコンセプトモデルや、

Honda(ホンダ)においてもVツインのスーパーチャージャーモデルがリリースされるのでは?
という話もありました。

ビッグネイキッドの今後の展開に注目しましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事