バイク女子 ツーリング アメリカン
バイク女子 ツーリング アメリカン
Googleイチオシ記事

みなさんこんにちは!阿部真由美です。

二輪指導員でも立ちゴケする!

実は今年の夏、プライベートでお出掛けした際に……立ちゴケしてしまいましたあああああ!!!!!
二輪指導員のくせに…という声が聞こえて来そうで冷や汗モノですが、もうとにかくテンパりますね。立ちゴケって…
私が乗っているのはYAMAHAのドラッグスタークラシック1100なのですが、このドラちゃん291kgあるんですね。
いやもう重いこと重いこと。
しかもよりによって、のガソリン入れた直後の超満タン状態でした。笑
 
ちなみに私のバイクはアメリカンで、もともとのシート高が低いタイプなのにさらに超絶ローダウン済みでして…最低地上高が20センチ足らずの原付レベルの足つき(バイク仲間談)となっています。こんな感じ。
身長152センチの私でも、ヒール4.5センチのWILD WINGのブーツを履けば余裕で両足べったりという安心の足つきです。

そのぶん普通にカーブ曲がる時でもバンクさせないように細心の注意を払わないと直ぐにバイクを擦ってしまうんですが…)

立ちゴケの恥ずかし面白エピソード! 

そんなわけで、マシン自体は重くて大きいのですが滅多に転ぶことなんかありません。
ですが…その日はまさかの立ちゴケ。
 
幸いにして他の方の迷惑になるような場所ではなかったので、直ぐに引き起こしにかかろうとしました。
…が!!!!そのとき!!!!!!

 

待ってください!!無茶ですよ、女性がそんな大きいバイク1人でなんて!!
という優しい男性の声と小走りに駆け寄ってくる足音。
え、ありがとうございますーでも大丈夫ですよーコレ私1人で起こせますんで…と言おうとして振り返るとなんとそこには…
パ     ト    カ    ー    &   け    い    さ    つ    か    んwwwwwww
 
ちょw待ってwwwあなたがくると周りがみんなこっち見るんですけどwwwやめてえええええええええええ!!!!!!!
 
内心超絶大パニックです。指導員のくせに立ちゴケなんてタダでさえもう生き恥なのにその様をさらに世間の方に注目されるなんてもはや拷問です。
ですが、重〜い大型バイクをひっくり返して困っているであろうおちびな女性市民に手を貸そうと笑顔で善意を持って助けに来てくださった警察の方です。
そして実際起こせなくはないですが、300キロ近くある車体を起こすには手伝ってくれる方がいた方が楽ではあります。
そんなわけでありがたくお手を貸していただき、無事引き起こしができました。
 
警察官と2人で、なのでそれはそれはもう周囲の注目の的でした。
もう恥ずかしいやら情けないやら申し訳ないやらで胸がいっぱいお腹いっぱいで、お礼を言ったら一刻も早くその場から逃げ去りたい!!!状態の私でした。
ですが、市民思いの警察官の方の思いやりはさらに続きます。
バイクに損傷はありませんか?もしあれば物損事故で

…いえいえ、平気です!ぜんっぜん傷もありませんほら大丈夫ですから、ありがとうございました!
と言って立ち去ろうとする私。←とにかく逃げたい
あ、待ってください。じゃあお怪我は?事故扱いにしなくていいですか?

…ないですないです、ほんっとただ今ここでちょっと倒しただけですから平気です、私はなんともありません健康そのものですご心配ありがとうございます!
そんなわけでじゃあ!!とさらに立ち去ろうとする私。←もう恥ずかしすぎてテンパってる
あ、待って待って。んじゃ一応免許証見せてもらえます?

……もうなんでも見せますから解放してください…みんなめっちゃこっち見てますよぅ…!
と内心泣きが入る。
 
途中からしか私たちの様子を見ていない人には、あからさまにテンパる怪しい私が職務質問を受けているように見えたことと思います。
今思い出しても恥ずかしさで冷や汗が出る思いです。笑

立ちゴケしたら、引き起こせば良い!

今回の話から何が言いたいかといいますと…
アメリカンは立ちゴケしにくいけどバランス崩すととても重いし支えきれないこともある」
起こす時に助けてくれる人がいたら素直に手を借りましょう」ということです。…当たり前ですけど。汗
ただでさえアメリカンはシート高がネイキッドやSS等に比べてもともと低く作られています。
また、重さもかなりあります。足つき性は良いですが、その分重心も低いので倒れようと傾き始めれば女性の脚の力で支えるのはかなりしんどいです。
立ちゴケしそうなのにギリギリまで踏ん張った結果、最終的に逃げ遅れて車体と地面の間に足を挟まれて大怪我した方も知っています。
低い分転倒しにくいのは確かですが、バランスを崩してしまえば大怪我につながったり私のような恥ずかしいことになります。
 
また、無理矢理自分一人で起こそうとした結果、足や腰を傷めて病院行き…という方もいます。
冷静に車重を考えてください。バイクって、重いんです。自分の体重の数倍あります。
私の場合、身長152cmで体重は40キロないので…ドラちゃんは自分の7倍以上の重さが軽くあるということになります。
(画像は先日のバイク納めの日に記念で撮ったものです。実際乗る時はちゃんとライディングウェア着てます^_^)
私はそれでも起こしますが、同じような体格の女性には単独での引き起こしはオススメしません
引き起こしにはコツがありますが、それをきっちりおさえずにパワープレイに走った引き起こしをすると怪我をします。
周囲に通行人がいる場合は、素直に助けを求めて手を借りましょう。
自分が思っているより周囲は優しいです。
バイクで転んだ時点で走ってきてくれる方もいます。←警察の人とかね
無理しないのが一番、身体が一番だと思ってくださいね!
 
私はTwitterもやっているのですが、そこで引き起こしの動画をいくつかアップしています。
やって見せているのは、教習車のCB400sf、CB750、私の愛車のドラッグスタークラシック1100の3台です。
興味がおありの方はご覧ください^_^
阿部のTwitterアカウント→@mayu_ktm1221

CB400sf引き起こし

CB750引き起こし

ドラッグスタークラシック1100引き起こし

というわけで…アメリカン乗りの女性の皆様、立ちゴケには気をつけましょう。
立ちゴケで注目を浴びるのは、想像以上にお恥ずかしいものです。超絶テンパります…笑
皆様がそんな思いをしなくて済みますように…という願いを込めて。
阿部真の生き恥さらし体験談でした。




コメント一覧
  1. 小関 賢祐 より:

    バイク女子 阿部真由美 様
     私はバイク歴46年、64歳のおじいです。福島県郡山市に住んでおります。パニアケース付ヤマハXJ750Dでツーリングしておりましたが、東日本大震災でバイクが倒れてパーツ切れで検切れとなりました。以来フュージョンでバイクライフを送っています。ツーリングは、好きなのでゆくゆくは500cc以上のツアラーが欲しいです。でも装備が充実するのは、リッタークラスなので重さと高さが気になります。
    雑誌やネットで調べていたら、バイク女子、リッターバイク、足つき、立ちごけに目が留まりました。
     阿部さんのバイク引き起こし動画を見て感動しました。私は立ちごけは、一度経験ましたが、記事を読みながら懐かしく思い出しました。バイクライフに向かってなかなか踏み出せずにいる老若男女に大いに勇気をくれたと思います。ありがとうございます。
     それからセンタースタンドたての動画を見て、てこを踏みつける右足と持ち上げる右手のタイミングだと思いました。右手は、バイクを
    持ち上げるというより、右足にかける体重に力をプラスしてやる感じにするとよいのかな。
     ツーリングで新潟県を走ったことがありますが、六日町や十日町、妙高、広大な田園風景とよいところですね。六十里越を越えて只見に行かれたことはありますか? 只見の田子倉ダムや会津に向かう途中の風景は、行くたびにすごいと思っており、おすすめです。ぜひ行ってみてください。
     ツーリングレポートで愛車の燃費や熱だれを起こしたときにどうやって対策したかなど、愛車の様子もレポートしてもらえるとうれしいです。
     私は、SNSはわからないのでこちらからコメントを残させていただきました。

    • 阿部真由美 より:

      バイク歴46年!ベテランライダーさんですね!
      アドバイスとお褒めのお言葉、嬉しく思います。
      今後も精進します^_^

      また近場にいるのに只見の方には行ったことがないので、計画立てて行ってみたいと思います!

      素敵な情報ありがとうございました
      これから寒くなってきますが、防寒対策バッチリで紅葉の季節のツーリングも安全に楽しんでいきましょう!これからもどうぞよろしくお願いします(o^^o)

  2. 匿名 より:

    まだ免許も持ってないけど中型バイクに興味があるのですが非常に参考になりました。
    カタログを見るとバイクってどれも重いし立ちゴケは誰でも経験するという情報もあったので
    非力な自分ではいざという時に危なそうだしやっぱり免許取得は諦めようかと思いましたが
    自分より小柄な女性があんなに重たそうなバイクを持こして笑顔を浮かべる姿は衝撃的でした。

    貯金ができたら教習所へ通ってみようと思います。励みになる記事をありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事