Googleイチオシ記事




今年から開催の「FIM エネル MotoEワールドカップ」。

電動バイク「enel-X」のワンメークレースで、MotoGPヨーロッパラウンドとの併催のみ5戦のスケジュールが組まれています。

ラウンド 日程 開催国 開催サーキット
第1戦 5/5 スペイン ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエト
第2戦 5/19 フランス ル・マン-ブガッティ・サーキット
第3戦 7/7 ドイツ ザクセンリンク
第4戦 8/11 オーストリア レッドブル・リンク
第5戦 9/15 サンマリノ ミサノ・ワールド・サーキット・マルコ・シモンチェリ

これに向け、開幕戦の会場となるスペイン・へレス・サーキット-アンヘル二エトでは、7週間後のオープニングレースを控え、2019年3月13日から3日間のオフィシャルテスト始まっていました。

しかし、現地時間14日0時15分頃、サーキット内に新設された電動車専用パドック(E-パドック)が火災に見舞われ、有ろうことか参加12チーム18台すべてのバイクと設備の多くを

焼失してしまいました。

しかし、テスト運営者やサーキット関係者で負傷した人はなく、火災原因については現在調査中とのこと。

今後の日程や火災原因などについては、運営者からの報告を待つしかない状況です。

モーターサイクルナビゲーターの中でも、このMotoEワールドカップについては、昨年の開催発表以来その準備の過程を見守ってきました。

世界的にモビリティーの電動化が進む中で、MotoEクラスの開催は電動社会のモーターサイクルを育てていく大切なレースになると、わたしもその開幕を非常に期待していたのですが…。

とりもなおさず今回の火災による被害は甚大。

この火災により、今季の開催は非常に危ぶまれていますが、何とか光明がさすことを祈るばかりです。

※(訂正とお詫び)

当初「消失」としていましたが、正しくは「焼失」の誤りでした。

訂正してお詫びいたします。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事