Googleイチオシ記事




KLXが帰ってくる!

2019年5月28日、カワサキモータースジャパンは、先にインドネシアで発売することを発表していた新型KLX230を、日本国内でも発売すると発表しました。

では、早速その姿を見てみましょう。


230ということで、どちらかというとビギナーに焦点を当てたオフロードエントリーモデルといった印象。

タンクサイドのラインがだいぶすっきりとしていますね。

でも、ライト周りはこれまでになく大きめなものになっています。

フロントフォークも成立のベーシックな雰囲気ですね。

外見上、あまりコテコテな感じはしませんが、

「さっと乗れそうな感じならセカンドバイクに一台?」

そう考える人も少なからずでしょう。

現在発表されているカラーバリエーションは、ライムグリーンの他、

こちらのブラックが用意されるとのこと。

冒険心をくすぐる価格と内容を期待

気になるのが諸元や価格などですが、今回諸元等の詳細な発表はなく、そのスタイルと発売時期を知らせるのみの発表。

モーターサイクルナビゲーターとしては、恐らくヤマハのセローやホンダのCRF250と同じか、さらにリーズナブルな価格設定になるのではないかと推測しています。

230㏄のライトオフロードマシンと言えば、少年の冒険心をくすぐるにはちょうど良いサイズ。

これで板倉君の様な学生旅ライダーが増えてくれると面白いですね。

発売時期については「今夏以降」というのみのアナウンス。

7月の海の日くらいのデビューを予測していますが、それが無理なら8月の山の日には何とかお願いしたいところです。

現在Kawasakiのラインナップから公道向けオフロードバイクが消滅している状態。

それだけに、KLX復活という話題は、オフロードを愛するKawasakiファンにとって相当にうれしい話題なのではないでしょうか?

詳細については、今後準備が整い次第Kawasakiから案内があるとのこと。

モーターサイクルナビゲーターの中でもわかり次第お伝えしていきますので、続報はお待ちくださいませ。

 




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事