Googleイチオシ記事




この夏、パニガーレV4Rが日本に降臨

ドゥカティジャパンはこのほど、パニガーレV4Rの日本発売日とその価格を発表しました。

発売日は2019年6月29日(土)。

全国のドゥカティジャパン・ネットワーク店で発売されます。

「モンスター」よりモンスターなV4R

DUCATIは2017年、同社の市販車としては初めてV型4気筒エンジン「デスモセディチ・ストラーダレ」を搭載するパニガーレV4を発表。

この時既に、ストック状態で214PSというその圧倒的なパフォーマンスが話題となっていました。

もはや市販GPマシン

今回のパニガーレV4Rは、1,103㏄だったパニガーレV4のエンジンをショートストローク化することで、SBK(世界スーパーバイク選手権)のレギュレーションに合わせて998㏄に。

さらに、コンロッドをチタンに変え、ウエイトを絞りながらそのパワーを221PS/15,250rpmと驚異的なまでに増強。


しかも、アクラポビッチ製「DUCATI・パフォーマンス・エクゾースト」を含むレーシングキットを装着することで、車重は6.5kg減、そして最大出力をなんと234PS/15,500までアップさせることが可能とするモンスターマシンなのです。

ひとまず発表されているのは車両単体の発売日と価格のみ。

サーキットユーザーにとってはレーシングキットの日本発売について気になるところでしょう。

レーシングキットのエクゾーストは2種類

これについては、ドゥカティジャパン株式会社の広報の方にお話を伺いました。

お話によると、レーシングキットのエキゾーストシステムには、スリップオンとフルエキゾーストの2種類が用意されているとのこと。

まずスリップオンは50万7,230円+税。

GPマシンに迫る出力をたたき出すフルエキゾーストシステムは75万1,440円+税ということで、値段の方もかなりのハイパフォーマンスでした。

当然これらはレース専用パーツで、購入には車検証の抹消等、所定の手続きが必要となります。

それだけに、サーキットで「全部盛り」のV4Rを見たら、きっとビビるでしょうね。

これらのオプションについてお求めの際、詳細は最寄りのDUCATIディーラーまでお問い合わいただけたらと思います。

このモンスターマシン、意外にフレンドリーらしい

そんなエンジンパワーもさることながら、DUCATIのMotoGPマシン、「デスモセディチGP」同様のが逆回転クランクを採用しているのも注目すべきポイント。

これは慣性モメントを進行方向とは逆に発生させることで、加速時のトラクションを増し、コーナー進入時にフロントタイヤにかかる負担を減らすのが狙いです。

そして、パニガーレV4Rの外見で最も目を引くのは、何といっても、ライト脇に生えているこのドライカーボン製ウイング。


これは、空力でマシンを安定させ、電子デバイスの介入度を抑えることで、ライダーが安心してアクセルを長く開けていられるようにするものです。

結果的に先述の逆回転クランクトの相乗効果で、ブレーキングを遅らせてブレーキングポイントをコーナー奥にとるという難易度の高い操作に安心感を持てせてくれます。

公道では当然、猛烈なレーシングスピードを出すはずもありません。

しかし、ウイングの迫力あるデザインは所有感を満たし、先進の電脳装備にプラスされた逆回転クランクの存在は、常用域もかなりスマートな乗り味を楽しませてくれるのではないでしょうか。

やはり、この雰囲気におはそそられる

カウル形状もV4・V4Sとは異なり、サイドに放熱効率を高める大きなスリットが追加されて、より迫力あるデザインになっています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

そして、アルミの地を活かした16Lのタンク。

この美しくスペシャルな感じがいいですね。

その先のメーターパネルに目をやれば、


レーシングモードでラップタイマーが表示されています。


ちなみにこちらがストリートモード。

いずれもフル液晶にアナログメーターを映すところが、洒落ていますね。

スペックはもちろん、国産スーパースポーツとは違うギミックをふんだんに備えたDUCATIパニガーレV4R。

一味も二味も乗り味が予想されるだけに、これは相当に楽しみな一台です。

価格は4,550,000円也!

今回のパニガーレV4Rの車体価格は8%税込み¥ 4,550,000となっています。

確かに高価で誰もがすんなりと手にできる価格ではありません。

ですが、かつてホンダもGPマシンである「RC213V」をRC213Vsとして市販化した時の価格がおよそ約2千3百万円。

ちなみにホンモノのGPマシンは億単位だと聞きます。

RC213Vsには幾重にもリミッターがついていたことを思えば、パニガーレV4Rはほぼほぼノーリミットなナンバー付きSBKベースマシン。

これだけのハイパフォーマンスマシンがこの価格で手に入るというのは、ひょっとしたらお買い得なのかもしれませんね。

DUCATI V4R 諸元

乾燥重量 172kg
装備重量 193kg
シート高 830mm
軸間距離 1,471mm
最低地上高 130mm
原動機種類 デスモセディチ・ストラーダーレ90°V4
カウンター・ローティング・クランクシャフト、
デスモドロミック4バルブ、水冷
総排気量 998cm3
内径×行程 81.0mm×48.4mm
圧縮比 14.0:1
最高出力 162kW(221PS)/15,250r/min
最大トルク 112N・m(11.4kgf・m)/11,500r/min
燃料タンク容量 16L(無鉛プレミアムガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
フルライド・バイ・ワイヤー
楕円スロットルボディー
可変長エアインテークファンエル
1次減速比 1.80:1
クラッチ形式 乾式, 多板
スリッパークラッチ機構
変速装置/変速方式 常時噛合式6速/リターン式
ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)
UP/DOWN双方向に有効
変速比 1速:2.714 2速:2.118 3速:1.737 4速:1.524 5速:1.366 6速:1.250
フレーム形式 アルミ製フロントフレーム
キャスター/トレール 24°5′/100mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70ZR17/ 200/60ZR17(ピレリ製ディアブロコルサSP)
ホイール 鍛造アルミ製3本スポーク6.00×17
サスペンション (フロント)
オーリンズ製43πTinコートNPX加圧式フルアジャスタブル(リア)
オーリンズ製TTX36フルアジャスタブル・モノショック、
アルミ製片持ちスイングアーム、
ピボット調整式(+/-3mm)
乗車定員 1名

画像参照元;DUCATI ジャパンパニガーレV4R

取材協力;ドゥカティジャパン株式会社




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事