Googleイチオシ記事
tmp-32ab3a3d8a33cc4f5b3d2b19a0e2f36e-1328b9be40b1c3d9088e4513ea2b5dd3.jpg
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社のプレスリリース(2019.08.24)
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社
トライアンフ 新型DAYTONA Moto2(TM) 765 リミテッドエディション発表 ~史上初の公式Moto2(TM) Dorna Sportsライセンス取得済みモーターサイクル~
トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社(代表取締役社長:野田一夫、 本社:東京都港区)は、 本日、 トライアンフ新型DAYTONA Moto2(TM) 765 リミテッドエディションを発表します。 発売時期は2020年2月予定となり、 メーカー希望小売価格は2,350,000円(消費税10%込み)を予定しております。

数々のスーパースポーツ選手権で勝利を収め、 トライアンフが誇る伝説的なDaytonaの究極モデル、 新型Daytona Moto2™ 765の誕生です。 本物Moto2™ファクトリーマシンの走りに最も近い公道で走行可能な特別なモーターサイクルとなります。 稀少価値が高くユニークな存在

  • 究極モデルのDaytona
  • 個別のシリアルナンバーが入った限定車両(アメリカおよびカナダで765台、 ヨーロッパ、 アジアおよびその他の地域で765台)
  • レーザーエッチングで施されたエディションナンバーがあしらわれた機械加工アルミビレットトップヨーク

アルミビレットトップヨーク
アルミビレットトップヨーク

新型Moto2™派生エンジン – 765ccエンジンから生み出される史上最高の出力とトルク

  • 新しい765ccDaytonaトリプルエンジン(Moto2™派生のアップデート版)
  • トライアンフ史上最高のパワーとトルクを生み出す量産型765ccエンジン
  • 130 PS @ 12,250 rpmの最高出力
  • 80 Nm @ 9,750 rpmの最大トルク
  • 新しいArrow製チタンレースマフラーから轟く咆哮
  • 初の公式Moto2™ Dorna Sports.SLライセンス取得済みバイク

新型Moto2TM派生765ccエンジン
新型Moto2TM派生765ccエンジン

史上最高性能のDaytona

  • 前世代Daytonaよりも軽量化
  • 新型高性能Brembo製Stylema(R)ブレーキ
  • トラック対応高性能Pirelli製Diablo Supercorsa SPタイヤ
  • レースで実証済みの高性能Öhlins製サスペンション

新型高性能Brembo製Stylema(R)ブレーキ
新型高性能Brembo製Stylema(R)ブレーキ

精密で理想的なシャシー

  • Moto2™開発プロジェクトのベースとなったシャシー
  • スーパースポーツ選手権での勝利をもたらしたシャシーセットアップ
  • Daytona史上最もダイナミックで俊敏、 かつ精密なハンドリング
  • 焦点を絞ったシングルシートセットアップ

シングルシートセットアップ
シングルシートセットアップ

Daytona史上最多の最新テクノロジー

  • Moto2™オフィシャルブランドロゴを起動画面に表示したフルカラーTFTディスプレイ
  • トラックモードを含む5つのライディングモード
  • Triumphシフトアシスト(シフトアップ/シフトダウンクイックシフター)

Moto2TMオフィシャルブランドロゴを起動画面に表示したフルカラーTFTディスプレイ
Moto2TMオフィシャルブランドロゴを起動画面に表示したフルカラーTFTディスプレイ

レース重視のバランスとスタイル

  • 新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワーク
  • Moto2™オフィシャルブランドロゴとユニークなユニオンジャックペイントスキーム
  • 特徴的なクリアアルマイト仕上げのフレームとスイングアーム

新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワーク
新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワーク

栄光から誕生したモデル
トライアンフのレースの歴史の中で最も有名な勝利の1つに、 1966年のフロリダ州デイトナ200があります。 Buddy Elmoreが、 46番グリッドからT100 Tigerのプロトタイプマシンに跨り、 優勝を果たした実に壮観なレースで、 ‘Daytona’という名前を生み出した劇的な勝利でした。

マン島TT、 イギリスGP、 ドイツGP、 フランスGP、 スーパースポーツ世界選手権、 そして再びデイトナ200にて、 675ccトリプルエンジンを搭載し勝利を収めたことで、 90年代初頭にトライアンフのモデルラインナップに戻ったDaytonaは、 レースで最も成功を収めたモデルとしてその伝説的な地位を確固たるものにしました。 そして、 Peter Hickmanがハンドルを握った今年のマン島スーパースポーツレース2での勝利により、 Daytonaは間違いなく世界で最も優れたミドルウェイトスポーツバイクになりました。

Moto2™世界選手権の独占エンジンサプライヤーとしてレースのトップティアに返り咲いたことを祝し、 新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 英国のレーシングレジェンドの史上最高性能を誇り、 FIM MotoGP™世界選手権とのユニークなパートナーシップを表しています。 FIM MotoGP(TM)世界選手権とのユニークなパートナーシップ
FIM MotoGP(TM)世界選手権とのユニークなパートナーシップ

自分だけのMoto2™ファクトリーライド
Moto2™エンジンの開発チームと同じ専門家チームにより設計された新型Daytona Moto2™765リミテッドエディションには、 Moto2™から派生した新しくユニークなトリプルエンジンが搭載されており、 765ccの排気量で生み出されるトライアンフ史上最高のパワーとトルクを実現します。 130 PS @ 12,250 rpmの最高出力および80 Nm @ 9,750 rpmの最大トルクにより、 この新しいエンジンはレース向けのパワーとロード向けのパフォーマンスを提供します。 そして、 このエキサイティングなアップグレードは、 Street Triple RSのユニークなチューニングと高度なECUにより、 低回転域から全回転域にわたって感じられます。

このエンジンは、 Moto2™エンジン開発プログラムから直接派生した数多くのコンポーネントとパフォーマンスアップグレードを備えています。 これには、 チタン製インレットバルブ、 強化されたピストン、 MotoGP™仕様DLCコーティング加工ピストンピン、 新しいカムプロファイル、 新しい吸気トランペット、 改良されたコンロッド、 吸気ポート、 クランクとバレル、 そして圧縮比の増加が含まれています。 また、 このエンジンはStreet Triple RSエンジンよりも600 rpm高い回転数で回転し、 許容最高回転数は13,250 rpmになります。

新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 美しいTIG溶接が施され、 Moto2™にインスパイアされた高性能なArrow製チタンレースマフラーを備えた新しい排気システムも装備しており、 Moto2™に近いサウンドを実現します。 この新型モデルのためにトライアンフ専用に開発された、 サイドマウントでアップスウェプトスタイルの新しいサイレンサーは、 性能、 信頼性、 効率、 そして軽量化のために最適化されています。 高性能なArrow製チタンレースマフラー
高性能なArrow製チタンレースマフラー

公道でも真のMoto2™ファクトリーマシンの走りに最も近い新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションには、 トラックに最適化されたギアレシオを持つ新しいギアボックスも採用されています。 ファーストギアレシオは、 Moto2™エンジン開発プログラムから直接フィードバックされています。

史上最高性能のDaytona
選手権覇者であるトライアンフ史上最高性能の新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションには、 スーパーバイク仕様の軽量Brembo製Stylema(R)ブレーキが搭載されています。 コンパクトで緻密に製造されているこのブレーキは、 迅速なレスポンスを可能にするBrembo製の最高性能ブレーキで、 トラックでの耐久性と素早い冷却のために採用されています。 その他のBrembo製のプレミアムなコンポーネントには、 スパンと比率が調整可能なブレーキレバー、 MCSラジアルマスターシリンダーが含まれます。

新型DaytonaにはPirelli製の最新世代、 最高性能のロードタイヤであるDiablo Supercorsa SPタイヤが装備されています。 このタイヤはロードおよびトラックでの精密な走りに最適です。 また、 レースでの高い実績を誇るÖhlins製のフロントおよびリアサスペンション(NIX30 43 mm径フォークおよびTTX36リアショック)が装備されており、 両方ともリバウンド、 コンプレッション、 リバウンドのフル調整が可能です。 Diablo Supercorsa SPタイヤ
Diablo Supercorsa SPタイヤ

史上最高の仕様と大容量エンジンに加えて、 新しいDaytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 最大の敏捷性とレースにインスパイアされたダイナミックな乗り心地を実現するため、 従来のDaytonaよりも軽量化されました。 これは、 新しい軽量フルカーボンファイバー製のボディワークだけでなく、 軽量メインフレーム、 リアサブフレーム、 インストルメントサブフレーム、 スイングアームによって実現されています。 新型Daytonaには、 クラス最軽量のスポーティな5スポーク17インチアルミキャストホイールも搭載されており、 レースでの経験を基に開発された滑り止めのハイグロスブラックペイントにより、 最大限の俊敏性と並外れたハンドリング性能を実現します。

精密で理想的なシャシー
待望の新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 Moto2™エンジン開発プロタイプ、 そしてブリティッシュスーパーバイク選手権、 マン島TTスーパースポーツで複数の勝利を収めたDaytona Rと同様の精密で理想的なシャシーを採用しています。 これは、 史上最高の仕様だけなく、 この新型モデルに、 これまでに製造されたDaytonaで最もダイナミックで正確なハンドリングをもたらす、 無敵の俊敏性と精度を実現するために採用されています。

ロードおよびトラックでの卓越した性能のために設計された新型Daytonaは、 純粋なシングルシートのセットアップにより重量を軽減し、 よりスポーツスピリットを表現しています。 より滑らかでトラック向けに最適化された新しいシート素材も採用されており、 ライダーはシート全体で容易に移動が可能で、 レースにヒントを得たリアパッドがリアボディワークに統合されています。

Daytona史上最多のテクノロジー
最新のDaytona Moto2™ 765リミテッドエディションには、 非常に高いレベルの最新テクノロジーが標準装備されています。 これには、 Moto2™ Triumph共同ブランドの新しい起動画面とラップタイマーを備え、 カテゴリーをリードするフルカラーTFTディスプレイが含まれており、 Daytonaでこれまでにない最高のテクノロジーをもたらしています。 また、 走行中でもディスプレイに簡単にアクセスできるよう、 新型Daytonaには、 人間工学に基づいて最適化された最新スイッチキューブが搭載されています(5方向ジョイスティックコントロール付き)。

また、 Daytonaで初めて、 ライダーは5つの新しいライディングモード(レイン、 ロード、 ライダー設定、 スポーツ、 トラック)を利用できるようになりました。 これらのモードはすべて、 ライディングスタイルと道路状況に合わせてスロットルマップ、 トラクションコントロール設定、 ABS設定を調整し、 ライドバイワイヤを介して有効化されます。

トラックに対応し、 パフォーマンスにフォーカスした新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 Triumphシフトアシストも標準装備しています。 クラッチを使わずにスムーズなシフトアップ/シフトダウンのギアチェンジができるクイックシフターで、 本格的なライディングやトラックを愛するライダーに最適です。

レース重視のバランスとスタイル
新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 真のレーシングスタイルで、 新しいシングルピースコックピット、 フルフェアリング、 刷新されたリアユニット、 フロントマッドガード、 ハガー、 アッパーチェーンガード、 レース仕様のロワーチェーンガードから成る新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワークを特徴としています。

Moto2™エンジン開発バイクのユニオンジャックスタイルによるカラーリングにインスパイアされた新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 公式のMoto2™ブランドロゴと、 カーボンブラック、 グラファイトグレー、 アルミニウムシルバーのユニークなペイントスキームを特徴としており、 独特で特徴的なカーボンファイバーむき出し効果と、 真のアルミ製タンクデカールも伴います。 新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワーク
新しい軽量フルカーボンファイバー製ボディワーク

性能重視の姿勢とスタイルを補完するため、 メインフレームとスイングアームには独特のクリアアルマイト仕上げが施されており、 従来のパウダーコーティングに比べて重量が大幅に削減されています。 これは、 特徴的なツインヘッドライト、 リアパドックスタンドボビン、 LEDインジケーターとともに、 スタイリッシュな新型Daytona Moto2™ 765をあらゆる道路やトラックに対応させます。

稀少価値が高くユニークな存在
アメリカとカナダでわずか765台、 ヨーロッパ、 アジアおよびその他の地域で765台の限定発売となる新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 稀少価値が高くユニークな存在です。 それぞれのモーターサイクルには、 美しいビレット機械加工でMoto2™ブランドロゴがあしらわれたアルミニウム製のトップヨークが装備されており、 レーザーエッチングで施された固有のエディションナンバーが入っています。

レース仕様のアクセサリー
この新モデルには35種類以上のトライアンフ純正アクセサリーが用意されており、 お客様はスタイリング、 保護、 セキュリティ機能など、 個人のニーズに合わせてDaytonaをカスタマイズできます。 新たなアクセサリーは、 モダンなスクローリングLEDインジケーター(グロスブラックアルミキャストボディ)、 美しい機械加工のアルミニウム製リアブレーキリザーバー(レーザーエッチングによるトライアンフブランドロゴ入りの蓋付き)が含まれます。 さらに、 ライダーはエンジンおよびフォークプロテクター、 リアフェンダーレスキット、 TPMS、 クイックリリースタンクバッグを追加できます。

公道で本物Moto2™ファクトリーライドに最も近づくことができる、 実に特別なモーターサイクル。 この新型Daytona Moto2™ 765リミテッドエディションは、 史上初の公式Moto2™ Dorna Sportsライセンス取得済みモーターサイクルとなっています。

仕様

エンジン
タイプ
水冷並列3気筒DOHC12バルブ
排気量 765 cc
ボア×ストローク 78mm x 53.38mm
圧縮比 12.9:1
最高出力 130 PS at 12,250 rpm
最大トルク 80 Nm at 9,750 rpm
燃料供給方式 マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射SAI付、 電子制御スロットル
エキゾーストシステム ステンレス製3-INTO-1エキゾーストシステム。 ステンレス製アンダーボディプライマリーサイレンサー。 アロー製チタンセカンドサイレンサー
駆動方式 チェーン
クラッチ 湿式多板
トランスミッション トライアンフアシスト付き6速
フレーム フロント:アルミニウムビームツインスパー、
リア:2ピース高圧成型ダイキャスト
スイング
アーム
両持ち式、 鋳造アルミニウム合金
フロント
ホイール
鋳造アルミニウム合金5スポーク 17 x 3.5インチ
リア
ホイール
鋳造アルミニウム合金5スポーク 17 x 5.5インチ
フロント
タイヤ
120/70 ZR17
リア
タイヤ
180/55 ZR17
フロント
サスペンション
Öhlins製NIX30 43 mm径倒立フォーク、 調整式プリロード、 リバウンドダンピング&コンプレッションダンピング調整機能付き
リア
サスペンション
Öhlins製TTX36 ピギーバックリザーバータイプツインチューブモノショック、 コンプレッションダンピング&リバウンドダンピング調整機能付き
フロントブレーキ Brembo製Stylema(R) 4ピストンラジアルモノブロックキャリパー、 310 mm径ダブルフローティングディスク、 切替式ABS
リア
ブレーキ
Brembo製シングルピストンキャリパー、 220 mm径固定式シングルディスク、 切替式ABS
全幅(ハンドルバーを含む) 718mm
車高(ミラーを含まない) 1105mm
シート高 822mm
ホイールベース 1379mm
キャスター角 23.2°
トレール幅 91.1mm
乾燥重量 未発表
燃料タンク容量 17.4L
燃料消費量**
CO2排出量**
未発表

新型DAYTONA Moto2™ 765 リミテッドエディション ウェブサイト  http://bit.ly/2019-DAYTONA765
トライアンフ公式ウェブサイト  https://www.triumphmotorcycles.jp/
トライアンフ正規販売店  http://bit.ly/Triumph-dealer-Japan
お客様お問合せ先:トライアンフコール TEL:03-6809-5233

000000074.000031383.html&dt=トライアンフ 新型DAYTONA Moto2(TM) 765 リミテッドエディション発表 ~史上初の公式Moto2(TM) Dorna Sportsライセンス取得済みモーターサイクル~&el=2019.08.24&t=event&ec=email&ea=openrecommend_mail_data.php?t=MP%2BdsEFXvu7APj9yWum1pg%3D%3D&company_id=31383&release_id=74




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事