Googleイチオシ記事


個人的に変わった乗り物好きですし、
メカ好きと言うところもあり、憧れのバイクであった BIMOTA Tesi 3D !

何よりも美しい! これぞ機械美! 造形美!

ミラノショー目前にチラ見せ画像が出回り、モデルチェンジの可能性が確実なものとなっていました。

BIMOTA tesi 3D がフルモデルチェンジか!?(記事はこちらをクリック)

あのレベルでのチラ見せ画像を公開しておいて、
ショーには出しません、なんてことはないはずなので、
安心して待っておりました。

ついに公開です。

BIMOTA_TESI-RC_feature-633x388

なんとも言えぬ、かっこよさ。

造形・機能美!

先代のモデルに対して、リンク機構やアーム部分のパーツが変更されています。

見る限りカーボンパーツを多用しています。

BIMOTA_TESI-RC_part-478x389

複雑な機構には重量増がつきものですから、
積極的に軽量素材を取り入れるのは良いことですね。

またばね下重量が軽くなれば、
サスペンションとしてタイヤの路面追従性が向上します。

エンジンはDUCATIの803ccツインです。

このサスペンションがもたらす恩恵(恐らく路面追従性や乗心地が良いわりに姿勢変化が少ない)
を体感してみたいものです。

果たして車両価格がいくらになるのか分かりませんが、
所有欲、速さ、美しさ等々すべて満たしてくれそうです。

先代に乗ったことのある方、是非インプレください笑




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事